特集 PR

ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

ちゃんみな『美人』
インタビュー・テキスト
高木"JET"晋一郎
撮影:沼田学 衣装提供:PERMINUTE(ドレス)、YELLO(シューズ) 編集:川浦慧、山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/04/13

ニューEPとなる『美人』を4月14日にリリースするちゃんみな。公開から2週間あまりで既に290万回以上の再生をカウントしたリード曲“美人”は、そのストレートなタイトルどおり、「美」について歌った楽曲だ。

過去にリリースされた“PAIN IS BEAUTY“では、<痛みって美しいんだ / 私を綺麗にしたんだ>と歌った彼女だが、この曲での「綺麗」という言葉は、内面や精神も内包した表現だった。しかし“美人”では、ちゃんみな自身が投げかけられた<醜いブスが歌ってんじゃないよ>という言葉で歌われる通り、外見や容姿で人を評価・判断する「ルッキズム」が大きなテーマとなっている。

ルッキズムやレイシズムを含めた攻撃的 / 差別的な言説や表現が、自浄や否認されつつあるなか、そういった状況を「ポリコレ棒」と揶揄したり、反動としてより凶暴な言葉が生まれ、SNSから現実世界へと溢れ出している。そして、そういった言葉の矛先を様々な形で向けられてきた彼女は、自分史を織り交ぜた形で“美人”を書きあげた。

また、彼女がメディアデビューを果たした2016年の「BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」から現在に至るまでのキャリアの中でリリースしてきた楽曲は、多くの人間を救ってきたが、それは「ちゃんみながちゃんみな自身を救う物語」に対して、多くの人間が共感や自己同一化を図ることで成し遂げられた部分が多い。しかしこの曲は<あの彼女を助けなさい>という言葉や、<WE>という主語から伺えるように、その対象は、明確に他者やリスナーが意識され、その対象を社会的な抑圧から生まれる自己否定の泥沼から、リスナーを救い出そうとする。

その意味でも、明確に「彼女自身の存在性」を救済の依代として、他者に手を差し伸べたちゃんみな。その行動に至った理由を含め、新作について伺った。

「『ブサイク』から『きれい』までの評価を経験したからこそ、この曲が書けたんだと思います」

ちゃんみな<br>⽇本語、韓国語、英語を巧みに操るトリリンガルラッパー / シンガー。17歳の時に制作した“未成年 feat. めっし”“Princess”の楽曲が⾼く評価され⼀躍注⽬を集め、翌年の2017年2⽉に『FXXKER』でメジャーデビュー。代表楽曲“LADY”“CHOCOLATE”“Never Grow Up”では各配信チャートで1位を獲得し、YouTubeでの総再生回数は約1億7千万回、TikTokでのハッシュタグ視聴はともに約1億5千万回で、国内外問わず同世代から圧倒的な支持を受ける、今最も注目すべきZ世代のアーティストの1⼈である。
ちゃんみな
⽇本語、韓国語、英語を巧みに操るトリリンガルラッパー / シンガー。17歳の時に制作した“未成年 feat. めっし”“Princess”の楽曲が⾼く評価され⼀躍注⽬を集め、翌年の2017年2⽉に『FXXKER』でメジャーデビュー。代表楽曲“LADY”“CHOCOLATE”“Never Grow Up”では各配信チャートで1位を獲得し、YouTubeでの総再生回数は約1億7千万回、TikTokでのハッシュタグ視聴はともに約1億5千万回で、国内外問わず同世代から圧倒的な支持を受ける、今最も注目すべきZ世代のアーティストの1⼈である。

―新曲“美人”の核心にも通じる話から伺いますが、今回「美人」や「美」をテーマにした理由は?

ちゃんみな:私は子供の頃からバレエやピアノ、ヒップホップダンスのコンクールや発表会、オーディションに出たり、他の人よりもおそらく「ステージ」がついてまわる幼少期だったんですね。3歳の頃からお化粧もしていたり。そして、その中では様々な意味で「美しい子」がセンターで踊るというのが当たり前だったし、「美しいか美しくないか」で判断されるのが普通の世界にいたんです。

それから母親がバレリーナだったこともあり「美」に対する意識も強くて、その影響もあって、「美」については意識する機会が多かったです。ただ自分としては、そういう外側よりも、実力や才能を磨く内側にフォーカスしていたんですね。

―それが自身のクリエイションや表現活動に繋がっていったと。ちゃんみなさんを世の中が注目したきっかけは「BAZOOKA!!!高校生ラップ選手権」(以下、「高ラ選」)への出場が一つの契機になったと思いますが、“美人”の中で<あの時私はまだセブンティーン / あの時言ったよな / You can't be beautiful / You can't be famous / 醜いブスが歌ってんじゃないよ>と歌い、ルッキズム的な意味合いも含めた批難を受けた事実が描かれます。そしてこれは「高ラ選」出場の時期と重なると思いますが。

ちゃんみな:まさにその時ですね。「高ラ選」に出て、“未成年 feat. めっし”のような楽曲をリリースするようになると、YouTubeにもコメントが付いたり、SNSで反応が生まれてきたんですが、その多くが、さっきのリリックにあったような見た目への批判でした。

ちゃんみな:それに敢えて反論はしませんでしたが、そういう攻撃を受けることにすごく違和感があったし、単純に言えば傷ついて。その時から比べると、いまは16キロぐらい体重が落ちてるんですね。それはダイエットしたり、見た目を磨いたり、髪の色やメイクを変えたりっていう、努力のもとに。そうすると、逆に今はほとんどが見た目に対する絶賛に変わったんですよ。でも、それにも違和感を感じて。

―その「手のひら返し」がこの曲を作った動機づけの一つになっていると。

ちゃんみな:「ブサイク」から「きれい」までの評価を経験したからこそ、この曲が書けたんだと思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

ちゃんみな
『美人』初回限定盤(CD+DVD)

2021年4月14日(水)発売
価格:2,750円(税込)
WPZL-31817/8

[CD]
1. 美人
2. Needy
3. Morning mood
4. ダリア

[DVD]
『THE PRINCESS PROJECT - In The Screen』本編映像
『THE PRINCESS PROJECT - In The Screen』ドキュメント / メイキング映像

ちゃんみな
『美人』通常盤(CD)

2021年4月14日(水)発売
価格:1,430円(税込)
WPCL-13282

1. 美人
2. Needy
3. Morning mood
4. ダリア

プロフィール

ちゃんみな

⽇本語、韓国語、英語を巧みに操るトリリンガルラッパー/シンガー。17歳の時に制作した『未成年 feat. めっし』『Princess』の楽曲が⾼く評価され⼀躍注⽬を集め、翌年の2017年2⽉に「FXXKER」でメジャー・デビュー。代表楽曲「LADY」「CHOCOLATE」「Never Grow Up」では各配信チャートで1位を獲得し、YouTubeでの総再生回数は約1億7千万回、TikTokでのハッシュタグ視聴はともに約1億5千万回で、国内外問わず同世代から圧倒的な支持を受ける、今最も注目すべきZ世代のアーティストの1⼈である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」