特集 PR

今泉力哉×ラッキーオールドサン対談 「今」を残し伝える、創作の力

今泉力哉×ラッキーオールドサン対談 「今」を残し伝える、創作の力

街の上で
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:タケシタトモヒロ 編集:久野剛士、井戸沼紀美(CINRA.NET編集部)

窮屈な世の中だからこそ、私たちはこれまで以上に映画や音楽といった「創作」を求めているかもしれない。「ハッピーエンド」「バッドエンド」に分断されない、滲むような感情が映し出される作品を。下北沢を舞台にした映画『街の上で』は、そんな瞬間を切り取る。古着屋で店番をしながら本を読む荒川青(若葉竜也)は、彼女に浮気をされるが、未練が残ったままでいた。ひょんな事から学生映画に出演することになり、新たな出会いとともに、これまでの出会いを振り返っていく。魅力的な登場人物たちの会話に耳を澄ませるような本作は、今泉力哉監督の真骨頂だ。

そんな本作のエンディング曲を担当したのが、篠原良彰とナナによる男女デュオ「ラッキーオールドサン」。長く住んだ東京を離れ四国に移住した二人は、離れゆく街への思いを楽曲“街の人”に込めた。元々ラッキーオールドサンのファンであった今泉がオファーしたことから繋がった二組。惹かれ合うように、映画と音楽の創作の話が繰り広げられた。

左から:ラッキーオールドサン(篠原良彰、ナナ)、今泉力哉
左から:ラッキーオールドサン(篠原良彰、ナナ)、今泉力哉

もう1組の登場人物のような立ち位置にしたかった。ラッキーオールドサンが目指した、映画と主題歌の距離感

篠原:はじめまして。直接お会いしたかったのですが、こういう状況でお会いできずリモートになってしまい、残念です(編集部注:対談は2月中旬にリモートで実施。写真撮影は4月、『街の上で』の公開イベントにあわせてラッキーオールドサンが上京したタイミングで行なわれた)。

今泉:はじめまして。僕も直接お会いしたかったです。

―今日が初対面なんですね。今泉監督がお二人に映画主題歌をオファーした理由を伺えますか?

今泉:以前から、お二人の曲はよく聴いていました。あるとき、映画やドラマの制作が立て続けに重なって、相当疲弊していたんです。そんなときにラッキーオールドサンの“ミッドナイト・バス”を繰り返し聴きながら帰るのが、僕の癒しの時間で。この曲にものすごく助けられました。『街の上で』を作っているときにふと、エンディング曲はお二人に作ってもらえたらと思いまして。面識はなかったので、ダメ元でのオファーでした。

ラッキーオールドサン“ミッドナイト・バス”MV

篠原:実は、僕らもこういうお話を受けることがあまりなくて。というのも、依頼を受けたものと作りたいものが繋がっていないと、手を動かせないんです。この映画のお話をいただいたときはちょうど、「なくなっていく街」をテーマにした曲を作りたいと考えていました。僕らと監督が作ろうとしているものが、いいタイミングで重なっているかもしれないと思ってお受けして。だから、すぐに曲はできましたね。

今泉:脚本だけ先にお渡しして曲を作っていただきましたね。それがよかったのか、脚本の段階ではあったけれど本編では外してしまった街の風景が、歌に残っていたりして。歌が物語にすり寄るというよりも、映画と歌のあいだに適度な距離感がある。ハッピーエンドだけではなく寂しさもある、まるで映画を補完してくれるような曲でした。

今泉力哉(いまいずみ りきや)<br>1981年生まれ、福島県出身。2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。2013年『こっぴどい猫』がトランシルヴァニア国際映画祭で最優秀監督賞受賞。その他の長編映画に『サッドティー』(2014年)、『退屈な日々にさようならを』(2017年)、『愛がなんだ』(2019年)、『あの頃。』(2021年)など。2021年4月9日に、全編下北沢で撮影した映画『街の上で』が公開。
今泉力哉(いまいずみ りきや)
1981年生まれ、福島県出身。2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。2013年『こっぴどい猫』がトランシルヴァニア国際映画祭で最優秀監督賞受賞。その他の長編映画に『サッドティー』(2014年)、『退屈な日々にさようならを』(2017年)、『愛がなんだ』(2019年)、『あの頃。』(2021年)など。2021年4月9日に、全編下北沢で撮影した映画『街の上で』が公開。

篠原:ありがとうございます。映画にいろんな登場人物が出てくるじゃないですか。僕ら的にはこの曲もまた、登場人物の一人のような立ち位置を目指していました。主人公の目線で書くことはしないようにしようと。

ナナ:<引越しの前に コンビニに最後のおつかい>とか。自分たちの経験なんだけど、誰にでもありそうな記憶を歌いましたよね。

今泉:映画に出るかもしれなかった、もう一組の新しいカップルくらいの距離感でした。そのおかげで、試写や先行上映で曲が流れると、劇場がすごくいい空気になって終わっていくのを感じました。

篠原:僕たちも関わらせてもらえて嬉しかったです。

今泉:ああ、これは幸せなやり取りですね。「関わらなきゃよかった」と思われなくて、よかった。

篠原ナナ:(笑)。

ラッキーオールドサン“街の人”MV

誰かの代弁ではなく、自分自身の経験を語ること。2組に共通する、ものづくりの基本

今泉:「誰にでもありそうな記憶」って仰ってましたけど、作品を作るときってそうですよね。客観的に想像したことよりも自分の経験をもとに作っていくほうが、強度が生まれて、みんなに広がっていくと感じます。

篠原:映画もそうですか。

今泉:自分は、そうですね。原作があるときですら、自分の経験を1つは入れようとします。「20~30代向け」とターゲットを絞られても、そこを想像して書くと曖昧で。年齢や性別で人は区切れないし、みんな異なる経験を持っているし、同時に根本はみんな一緒ですから。だから、言われた言葉とか忘れられない仕草とか、自分の経験を書いたほうが届く気がします。なので、お二人の大切にされている「個人的な目線」というのは、大事だと思いました。引越し前に、ドタバタしている中コンビニでご飯を買ってきて食べる風景って、覚えてるよなって。

篠原:僕らも、誰かの代弁をするのではなくて、自分のことを語ることがすごく強いエネルギーになるような気がしています。人を一括りにして語ることはどうも難しい。自分が見聞きしたことが、いろんな目線に繋がっていくのが面白いと思うんです。

今泉:ラッキーオールドサンのお二人の視点に、ズレはあるんですか?

篠原:それは、聞くのが怖いですね(笑)。

ナナ:でも、私も自分からかけ離れた歌詞や曲を作ることはできないです。基本的に、それぞれ一人で曲と歌詞を作るのですが、どこかしらには自分の要素が入ってしまいます。二人の視点は違うかもしれないけれど、元々そうだからなのか、違和感はないですね。

今泉:監督は、プロデューサー、助監督、カメラマンなどたくさんの力を頼りながら作品を作ります。でも、バンドの場合は一緒に音楽を作る人数が限られている。デュオなんて、その最小人数ですよね。個性がある人たちが集まったときに、どういう創作の大変さや面白さがあるのだろうと想像してしまいました。

『街の上で』ポスタービジュアル ©「街の上で」フィルムパートナーズ<br>あらすじ:古着屋で働く荒川青(若葉竜也)は、恋人(穂志もえか)に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督(萩原みのり)から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは告白だ!」とそそのかされる。
『街の上で』ポスタービジュアル ©「街の上で」フィルムパートナーズ
あらすじ:古着屋で働く荒川青(若葉竜也)は、恋人(穂志もえか)に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督(萩原みのり)から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは告白だ!」とそそのかされる。

篠原:僕自身、結成前からナナさんの曲が好きでしたし、自然とお互いを受け入れる土壌があったのかもしれません。映画のほうが、関わる人の人数が多くて目線のすり合わせが大変そうですが。

今泉:でも、密度が音楽と映画では違うんですよ。映画の場合は、作品を作るたびに集合と解散を繰り返します。たとえ衝突があったとしても、「この期間が終わればこの関係も終わる」と割り切れてしまうから、どこかで関係が希薄かもしれない。対してバンドの場合は、家族みたいな密度で関係を作るじゃないですか。お二人なんて、プライベートでもパートナーですし。

篠原:そういう意味では、夫婦喧嘩なんてしてしまったら芸術はすべてストップします(笑)。

ラッキーオールドサン<br>ナナ(Vo、左)と篠原良彰(Vo,Gt、右)による男女二人組。二人ともに作詞 / 作曲を手掛け、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポートメンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る。
ラッキーオールドサン
ナナ(Vo、左)と篠原良彰(Vo,Gt、右)による男女二人組。二人ともに作詞 / 作曲を手掛け、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポートメンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る。

今泉:創作する上での喧嘩もあるんですか?

ナナ:ありますね。

今泉:主にこういうことで揉めるな、みたいなことは?

ナナ:うーん……歌詞について喧嘩することは基本的にはないけれど、どんな音を入れるか、とかですかね。

篠原:そうですね。音楽のプレイ的な部分で意見がぶつかることはあります。歌詞は、ナナさんに歌ってもらって、その雰囲気でニュアンスを変えるくらい。歌詞の根本に関して問うことはないですね。

Page 1
次へ

作品情報

『街の上で』
『街の上で』

2021年4月9日(金)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開

監督:今泉力哉
脚本:今泉力哉、大橋裕之
音楽:入江陽
主題歌:ラッキーオールドサン“街の人”
出演:
若葉竜也
穂志もえか
古川琴音
萩原みのり
中田青渚
村上由規乃
遠藤雄斗
上のしおり
カレン
柴崎佳佑
マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)
左近洋一郎(ルノアール兄弟)
小竹原晋
廣瀬祐樹
芹澤興人
春原愛良
未羽
前原瑞樹
タカハシシンノスケ
倉悠貴
岡田和也
中尾有伽
五頭岳夫
渡辺紘文
成田凌
上映時間:130分
配給:『街の上で』フィルムパートナーズ

リリース情報

ラッキーオールドサン『街の人 / マークⅡ』
ラッキーオールドサン
『街の人 / マークⅡ』(7インチシングル)

2020年7月15日(水)発売
価格:1,400円(税込)
HR7S-168

[SIDE-A]
1. 街の人

[Side-AA]
1. マークⅡ

ラッキーオールドサン『母の日 / Night Lunch』
ラッキーオールドサン
『母の日 / Night Lunch』(7インチシングル)

2021年4月28日(水)発売
価格:1,430円(税込)
HR7S-215

[SIDE-A]
1. 母の日

[Side-AA]
2. Night Lunch

プロフィール

今泉力哉(いまいずみ りきや)

1981年生まれ、福島県出身。2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。2013年『こっぴどい猫』がトランシルヴァニア国際映画祭で最優秀監督賞受賞。その他の長編映画に『サッドティー』(2014年)、『退屈な日々にさようならを』(2017年)、『愛がなんだ』(2019年)、『あの頃。』(2021年)など。2021年4月9日に、全編下北沢で撮影した映画『街の上で』が公開。

ラッキーオールドサン

ナナ(Vo)と篠原良彰(Vo,Gt)による男女二人組。二人ともに作詞/作曲を手掛け、確かなソングライティングセンスに裏打ちされたタイムレスでエヴァーグリーンなポップスを奏でる。詩と歌のシンプルなデュオ編成から、個性的なサポートメンバーを迎えたバンド編成まで、様々な演奏形態で活動を展開。輝きに満ちた楽曲の数々は多くのリスナーを魅了し、またその確かな音楽性が多くの同世代バンドからも熱烈な支持を得る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信