インタビュー

デヴィッド・バーンが歌い、踊り、語る 『アメリカン・ユートピア』

デヴィッド・バーンが歌い、踊り、語る 『アメリカン・ユートピア』

インタビュー・テキスト
村尾泰郎
リード文・編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

演者と観客以外を排除したシンプルで無機質な舞台。揃いのグレーのスーツをまとった裸足のデヴィッド・バーンとダンサー、バンドたちが踊り、動き、音を奏でる。同名ブロードウェイ公演を映像作品化した映画『アメリカン・ユートピア』は、緊張感と自由な遊び心に満ちた素晴らしいエンターテイメント作品だ。スパイク・リーによって記録された満員のニューヨーク・ハドソン劇場の熱気は、この1年でスクリーン越しのライブ鑑賞に慣れてしまった身体が失いかけていた感覚を瞬時に思い起こさせた。

ユートピアとは程遠い悲惨な世界の状況に対峙しながらも、人と人がつながることでもたらされる希望の可能性を諦めない──そんな前向きなムードをたたえる本作は、アメリカでは配信のみの公開だったそう。日本では公開直前の延期に見舞われたものの、ついに劇場で観られることとなった。本作の日本公開に際し、デヴィッド・バーンにリモートインタビューを敢行し、スパイク・リーとのコラボレーションや、ダンスの持つ重要性、Talking Heads時代の曲も交えた選曲の背景、そして芸術表現と政治の関わりなどについて語ってもらった。

デヴィッド・バーンのブロードウェイ公演をスパイク・リーが記録

ステージに立つ一人の男。片手に人間の脳を持って、おもむろに歌い始める。「脳のこの部分にはディテールが詰まっている この部分はほとんど使われていない」。そんな歌を聴きながら、その男=デヴィッド・バーンの脳はどんな風になっているのだろう、と思った。映画『アメリカン・ユートピア』の冒頭のシーンでのことだ。

バーンがTalking Headsのフロントマンとして、ニューヨークのパンクシーンに登場したのは1970年代後半。バンドが拠点としていたライブハウス、CBGBではRamonesやBlondieと度々共演したが、アメリカ屈指の美大出身のバーンは、ワイルドなパンクスのなかで異彩を放っていた。

デビューアルバム『Talking Heads '77』(1977年)を発表後、Talking Headsはいち早くアフロビートを取り入れるなど先鋭的なサウンドで人気を集め、人気絶頂期にライブ映画『ストップ・メイキング・センス』(1984年)を制作する。のちに『羊たちの沈黙』(1991年)で『アカデミー賞』を受賞するジョナサン・デミを監督に迎えた本作は、従来のロックコンサートのイメージを覆す、アートパフォーマンス色の強い演出で当時のクリエイターに大きな影響を与えた。そしてバンド解散後、バーンは、映画、写真、インスタレーションなど、様々な領域で、まるでアートと戯れるように、ウィットに富んだ創造力を発揮してきた。そんななか、久しぶりの映画作品として大きな話題を呼んだのが『アメリカン・ユートピア』(2020年)だ。

デヴィッド・バーン<br>1952年5月14日、スコットランドのダンバートン生まれ。子供の頃にカナダに移住し、その後アメリカ・メリーランド州に引っ越す。ロード・アイランド・スクール・オブ・デザイン等で学び、やがて大学の仲間とTalking Headsを結成、1977年にアルバムデビュー。1980年の革新的なアルバム『Remain in Light』が大きな反響を呼ぶ。1984年にはライブ映画『ストップ・メイキング・センス』(ジョナサン・デミ監督)を発表。バーン自身も1986年に監督デビュー。バンドは1991年に解散した。バーン自身はブライアン・イーノと組んだ『My Life in the Bush of Ghosts』(1981年)でソロ活動を開始。2012年にはSt. Vincentとのコラボ作『Love This Giant』も発表。14年ぶりのソロアルバム『American Utopia』(2018年)は『グラミー賞』候補となる。映画音楽、写真、イラスト、エッセイも手がけるマルチな才人。<br>©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
デヴィッド・バーン
1952年5月14日、スコットランドのダンバートン生まれ。子供の頃にカナダに移住し、その後アメリカ・メリーランド州に引っ越す。ロード・アイランド・スクール・オブ・デザイン等で学び、やがて大学の仲間とTalking Headsを結成、1977年にアルバムデビュー。1980年の革新的なアルバム『Remain in Light』が大きな反響を呼ぶ。1984年にはライブ映画『ストップ・メイキング・センス』(ジョナサン・デミ監督)を発表。バーン自身も1986年に監督デビュー。バンドは1991年に解散した。バーン自身はブライアン・イーノと組んだ『My Life in the Bush of Ghosts』(1981年)でソロ活動を開始。2012年にはSt. Vincentとのコラボ作『Love This Giant』も発表。14年ぶりのソロアルバム『American Utopia』(2018年)は『グラミー賞』候補となる。映画音楽、写真、イラスト、エッセイも手がけるマルチな才人。
©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

バーンは2018年にソロ名義としては14年ぶりのオリジナルアルバム『American Utopia』を発表。それに伴って行われたコンサートを、ブロードウェイのショウとして再構成して2019年に上演する。そして、ショウが評判を呼ぶなかで、バーンはさらに映画として記録することを構想。そこでバーンが監督に指名したのがスパイク・リーだ。

「撮影中、スパイクは観客席で天を仰いでジョナサン(・デミ)に『うまくいってるかな? どう思う?』って問いかけてた」

意外な組み合わせなようにも思えるが、2人は1980年代から交流があったという。

バーン:僕もスパイクも1980年代の同じ頃に注目を集めるようになったから、いろんなところで顔をあわせることがあって自然に挨拶するようになったんだ。それに2人の共通の友人がジョナサン・デミでね。撮影中、スパイクはホールの観客席で天を仰いでジョナサンに「うまくいってるかな? どう思う?」って問いかけてた(デミは2017年に死去している)。その姿はとてもスウィートだったよ。

彼は歳を重ねるごとに腕を上げて素晴らしい映画監督になったと思う。『アメリカン・ユートピア』を映画化しようと考えた時、彼ならテーマや音楽のことを理解してくれると思って声をかけたんだ。

デヴィッド・バーンとスパイク・リー ©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
デヴィッド・バーンとスパイク・リー ©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
デヴィッド・バーンとスパイク・リー ©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
Page 1
次へ

作品情報

『アメリカン・ユートピア』

2021年5月28日(金)から全国公開

監督:スパイク・リー
出演:
デヴィッド・バーン
ジャクリーン・アセヴェド
グスタヴォ・ディ・ダルヴァ
ダニエル・フリードマン
クリス・ジャルモ
ティム・ケイパー
テンダイ・クンバ
カール・マンスフィールド
マウロ・レフォスコ
ステファン・サンフアン
アンジー・スワン
ボビー・ウーテン3世
上映時間:107分
配給:パルコ ユニバーサル映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信