特集 PR

羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

AVIOT「TE-D01m」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:川島悠輝 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/05/31

昨年12月にメジャー1stアルバム『POWERS』をリリースした羊文学。オルタナティブロックやシューゲイザー、ドリームポップといった要素を絶妙なバランス感覚で3ピースのアンサンブルへと落とし込んでいくセンス、卓越した演奏力、そして喜怒哀楽全てを乗せたような塩塚モエカの歌声でもって、いまや次世代シーンの代表格として存在感を獲得しつつある。

CINRA.NETでは初めてのメンバー全員取材となった今回、事前に3人のルーツとなる、もしくはいまの羊文学に影響を与えた邦楽作品を1人2曲ずつセレクトしてもらって話を聞くことに。AVIOTの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01m」で試聴しながら、その魅力について語り合ってもらった。

羊文学(ひつじぶんがく)<br>左から:河西ゆりか、塩塚モエカ、フクダヒロア<br>塩塚モエカ(Vo,Gt)、河西ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)からなる、繊細ながらも力強いサウンドが特徴のオルナティブロックバンド。2020年8月19日に「F.C.L.S.」より『砂漠のきみへ / Girls』を配信リリースし、メジャーデビュー。2020年12月9日にはメジャー1stアルバム『POWERS』をリリース。しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。
羊文学(ひつじぶんがく)
左から:河西ゆりか、塩塚モエカ、フクダヒロア
塩塚モエカ(Vo,Gt)、河西ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)からなる、繊細ながらも力強いサウンドが特徴のオルナティブロックバンド。2020年8月19日に「F.C.L.S.」より『砂漠のきみへ / Girls』を配信リリースし、メジャーデビュー。2020年12月9日にはメジャー1stアルバム『POWERS』をリリース。しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。

2020年に羊文学が「よりどころ」をテーマに歌うに至った胸中

―昨年12月にリリースしたメジャー1stアルバム『POWERS』について、当時のインタビューで塩塚さんは「お守りや『よりどころ』になるようなアルバムにしたい」とおっしゃっていましたよね。実際に聴かせてもらって、コロナ禍で何もかもが思いどおりにならなかった去年1年間の、自分の感情を全て肯定してくれるような内容だなと感じました。

塩塚(Vo,Gt):ありがとうございます。私は生まれたときからいままでずっと、どちらかというと生きづらいタイプの人間で(笑)。自分を肯定するような曲をつくるということは、普段から全然自分のことを肯定できていないということなんですよね。いつも自分を肯定できていたら、そんな曲は必要ないですし。

―たしかにそうですね(笑)。

塩塚:だから、実は人のことあまり考えていなくて。「誰かのことを肯定したい」というよりは、自分自身のよりどころを求めていたのかなと思います。

そして、そういうものを私が必要としているってことは、きっと誰かにとっても必要なものになるかもしれないという気持ちがありました。そもそも自分のためだけにつくっても仕方がないですし。

羊文学“あいまいでいいよ”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

―いずれにせよ「誰かを肯定する」ということが目的ではなかったということですよね。

塩塚:はい。あとはコロナ禍で人と会えなくなって、自分が本当にいま、ここにいるのかわからないような感覚があったんですよね。自分の姿すら鏡くらいでしか確認できなくなってしまったので。

ニュースを見ていても、いままで当たり前だと思っていたことが一気に変わってしまうこともあったし、私にとって不確かさをより強く感じていた期間だったんです。そういうなかで「よりどころ」というテーマが出てきたところもあります。

Page 1
次へ

製品情報

AVIOT「TE-D01m」
AVIOT「TE-D01m」

静寂と高音質とを両立する2つのノイズリダクションを搭載したアクティブノイズキャンセレーション搭載モデル。

プロフィール

羊文学
羊文学(ひつじぶんがく)

塩塚モエカ(Vo,Gt)、河西ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)からなる、繊細ながらも力強いサウンドが特徴のオルナティブロックバンド。2017年に現在の編成となり、これまでEP4枚、フルアルバム1枚、そして全国的ヒットを記録した限定生産シングル『1999 / 人間だった』をリリース。2020年8月19日に「F.C.L.S.」より『砂漠のきみへ / Girls』を配信リリースし、メジャーデビュー。2020年12月9日にはメジャー1stアルバム『POWERS』をリリース。しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』