特集 PR

ノスタルジーを胸に前に進む。音楽家HANCEが迎えた40代の現在地

ノスタルジーを胸に前に進む。音楽家HANCEが迎えた40代の現在地

HANCE
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)
2021/05/26

1stアルバムに込めたのは、懐古主義ではないノスタルジー

―若さゆえのプライドって多くの人が持っている、あるいは持っていたものだと思うのですが、HANCEさんがそのプライドに固執せず、自由になれたのはなぜだったのでしょう?

HANCE:やっぱり自分で会社を経営するようになったことが大きいです。事務所に入って音楽をやっていた頃は、「自分の歌を聴いてほしい」「自分の気持ちをわかってほしい」という目線でしたが、会社の仕事ではお客さまありきで、そのニーズに対して何を提供したらいいのかを一生懸命考える日々です。だから真逆ですよね。そういう毎日を過ごしていたら、感覚がどんどん変わっていきました。

―会社を始めてからも、音楽活動はずっと続けていたんですか?

HANCE:仲間内でバンドを組んだり、小さいお店でアコースティックライブをやったりはずっとしていました。

HANCE

―これまでもいろんなタイミングがあったと思いますが、いまご自身の音楽をまとめて、アルバムとしてリリースしようと思ったのはなぜでしょう?

HANCE:やっぱり40代になったのが大きいですね。人生の半分だと考えたときに、自分がやってきた音楽をちゃんとかたちにできていないと思ったんです。そこで、個人的にギターを教わっていたプロデューサーの石垣さんに相談したのがきっかけです。

40代、50代で新人デビューする人ってあまりいないですよね。若い子のキラキラした恋愛の歌もすごく素敵ですが、僕らくらいの年齢になると結婚したり、離婚したり、子どもがいたり、そのなかで新しい恋をしようとしていたり。そんな複雑な思いも歌にして、同年代の人に「そうそう」と思ってもらえると嬉しいです。

HANCE『between the night』を聴く(Apple Musicはこちら

―自分のやってきたことをかたちにする、ということでしたが、過去の楽曲も収録されているのでしょうか? パーカッシブな楽曲もありますが、全体的にはメロウで落ち着いたトーンにまとめられていますね。

HANCE:そうなんです。今作には昨年にHANCEとしての活動を始めてからつくった曲もありますし、事務所をやめた20代後半から30代にかけてつくった曲もあります。いまの自分のフィルターを通して違和感を感じた昔の曲は、コードを変えたり、歌詞を全部書き直したりしています。

HANCE“Rain”リリックビデオ

―今作のコンセプトが「大人の、大人による、大人のためのノスタルジーミュージック」ですが、いまの感覚にアップデートしながらもノスタルジーって、どういうことなのでしょう?

HANCE:ノスタルジーって、過去に固執して懐かしむみたいなイメージがあると思うのですが、ぼくのなかではまったくそうではなくて。

ぼくにとってのノスタルジーは、ちゃんと前を向いて、地に足をつけて生きていくために必要な感覚なんです。自分のルーツを直感的に感じるためのもの。デトックスに近いかもしれません。

HANCE

―懐古主義みたいなことではまったくない。着実に前に進むために、あえて原点回帰することがノスタルジーということでしょうか?

HANCE:そうですね、懐古主義とはまったく違います。ずっと忘れられないことや、何かしら痛みとして残っていることって誰しもあると思う。それを無理に引き剥がしていくというよりは引き連れていく。そういうものも大事にしながら生きていくためのひとつの手段として、ノスタルジーがあるんじゃないかと思います。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

HANCE『between the night』
HANCE
『between the night』

2021年5月26日(水)配信

1. 序章
2. 夜と嘘
3. SMOKE
4. マーブルの旅人
5. Suzy
6. COLOR
7. escape
8. SUNNY
9. Making Shadow
10. バレンシアの空
11. ミッドナイト・イン・カフェ
12. Rain

プロフィール

HANCE(はんす)

2020年9月、1stシングル『夜と嘘』でデビュー。デビュー曲『夜と嘘』は3ヶ月でYouTubeで100万再生を記録。台湾のiTunes Store・R&Bソウルトップソングで6位。Apple Music R&B/ソウルトップミュージックビデオランキングで、モンゴルで2位、ボリビアで5位にチャートイン。2ndシングル『バレンシアの空』はキルギスタンのJ-POPチャートで1位、マカオ、アルメニアで4位。4thシングル『Rain』はボリビア、アルメニアのJ-POPチャートで2位、4位を記録。その他、カザフスタン、ウクライナ、香港なども続き、急速に海外リスナーを獲得している。サウンドプロデュースは、元ピチカートファイブの野宮真貴のツアーサポート、中島美嘉、青木カレン等、レコーディング参加で活躍する石垣健太郎が担当。ソウル、フォーク、ラテン、ジャズなど、グローバルな質感をミニマルなアコースティックサウンドにブレンド。今後の活躍が注目されるシンガーソングライター。2021年5月26日、待望のファーストアルバム『between the night』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察