特集 PR

怒りをエネルギーにしながら幸福を願う ルサンチマンの目指す音楽

怒りをエネルギーにしながら幸福を願う ルサンチマンの目指す音楽

Eggs
インタビュー・テキスト・編集
飯嶋藍子
撮影:タケシタトモヒロ

「尖っててとっつきにくいって思われたくないんです」(北)

―ルーツがバラバラななかで、みなさんが共通して持っているバンドとしての目標や、憧れってどういうものですか?

:僕は自分がボーカルということもあって、他のバンドのライブを観ていると、ボーカルが音楽だけじゃなくてMCでも観客を熱狂させる姿がすげえなと思っていて。バンドを始める前はそういうバンドをやりたいと思っていたんですけど、思ったより喋るのが苦手で……(笑)。だから、サウンドだけで「この人たち熱い!」って思わせられるバンドになりたいです。僕がMCできないのをみんなには許してほしい……。

左から:クーラーNAKANO、北、もぎ、清水

もぎ:僕ら的にはちょっとMCしてほしいんですよ(笑)。

―してほしいんですね(笑)。

もぎ:それなりに、です! ほんと人並みにやってほしいくらいです。ライブをやるからには曲と曲の間で休んじゃうと、熱狂から平常心に戻ってしまうというか。僕自身も熱狂できる時間が最初から最後まで続いてほしいし、それをお客さんに感じてほしい。感動させるようなMCはしなくてもいいんで、熱狂の持続のために人並みにMCしてほしいですね(笑)。

:でも、よくバンド内でも話しているのが、まだまだ人生経験の浅い10代の僕らみたいな連中が「俺らの人生、込めて歌います」みたいなこと言っても、たとえば36歳の人が見たら「いや、俺、倍生きてるんだけどなあ」みたいな感じじゃないですか。

だから、こいつら若いし全然喋んないけど、サウンドはかっこいいんだなって思っていただけたら嬉しいなと思ってます。尖っててとっつきにくいって思われたくないんです。

清水:尖ってると思われたくないよね。やっぱり演奏でお客さんの心を奮い立たせたい。

:ルサンチマンの音楽は、普通の生活をしているただの人たちがやる特別かっこいい音楽でありたいなと思います。いい人とまで思われなくてもいいんですけど、とげとげしくて関わりづらそうとまでは思われたくないです。

NAKANO:ありのままを見てほしい感じはあるよね。

:うん、ありのままでいたい。MCとかで着飾りたくはないですね。あくまで音楽で着飾りたいです。

絶望が良い音楽を生む? 幸せでいたいと願うルサンチマンのジレンマ

―バンド名もそうですし、今作の楽曲も、現状や今いる居場所に対して不満や怒り、反骨心を抱いているのかなという感じがしていたんですけど、それはどうですか?

:僕がとりわけ怒りっぽいとかそういうわけじゃなくて、誰しもが鬱屈した怒りをどこかしらに持っていると思うんです。普段の生活ではそれを出さないし、わざわざ言わない。だから、音楽では「僕はこういう怒りを経験したことがあるんですけど、みんなどうですか?」って気持ちで曲を書いています。僕ら普段全然怒らないですよ。

左から:もぎ、清水、北、クーラーNAKANO

清水:生きづらいとかもないよね。

もぎ:めちゃくちゃ楽しくバンドやってます。

―歌詞を読んでいると、もっと怒れる人たちなのかと思っていました。

:僕は怒りの感情も書いてるんですけど、もっと寄り添う曲も書きたくて、今回のアルバムでも怒りの曲と寄り添う曲を交互に入れているんです。怒りをはっきり歌うバンドが少ないから目立つのかもしれないですけど、蓋を開けてみるとこんな感じで、普通の人間が綺麗な部分だけじゃなくて怒りも書いてるってだけなんじゃないかなと思います。

左から:もぎ、清水、北、クーラーNAKANO

―悲しみや怒りがもの作りの原動力になっている人もいると思いますし、不幸であることが好きな人もいると思うんです。どちらかというとルサンチマンもそういうタイプなのかなと思っていたので意外です。

:僕は幸せでいたいんですよ。でも、メンバーみんな、特にもぎから「おまえは絶望したほうがいい曲書ける」って言われて、自分でもたしかにそうかもしれないと思いました。僕は絶望したくないんですけど、嫌なことがあるほうが案外いい曲が書けるなって気づきつつあって……リード曲の“ニヒリズム”も超絶望した時に書いた曲なんですよ。

―ジレンマですね。

:ジレンマです。ただ僕は幸せになりたい……。

もぎ:そのジレンマ、悲しすぎるだろ。

:マジで悲しい。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

ルサンチマン
『memento』(CD)

2021年3月31日(水)発売
価格:2,200円(税込)
BER-1003

1. ニヒリズム
2. 老いても
3. アンチドペル
4. だらしないうた
5. メメントモリ
6. ラル
7. 卒業(BonusTrack)

プロフィール

ルサンチマン(るさんちまん)

北(Vo・G)、クーラーNAKANO(G)、清水(B)、もぎ(Dr)からなる、平均年齢18歳の東京発オルタナディブロックバンド。2018年に結成、2019年にロッキング・オン主催のオーディション「RO JACK」で優勝し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」に出演。高校卒業を目前にした2021年3月31日に1stミニアルバム『memento』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察