特集 PR

怒りをエネルギーにしながら幸福を願う ルサンチマンの目指す音楽

怒りをエネルギーにしながら幸福を願う ルサンチマンの目指す音楽

Eggs
インタビュー・テキスト・編集
飯嶋藍子
撮影:タケシタトモヒロ

「絶望が北の才能のトリガーなんじゃないかと」(もぎ)

―もぎさんはなんで北さんが絶望したほうがいいと思ったんですか?

もぎ:“ニヒリズム”を聴いた時に、この曲はやばいなと思ったのが大きいですね。それで、絶望が北の才能のトリガーなんじゃないかと。

左から:クーラーNAKANO、北、もぎ、清水

:“ラル”とか“だらしない歌”も怒りよりは、寄り添いたいと思って書いた曲なんです。でも、“ラル”だったらバイト嫌だよなあって話だったり、“だらしない歌”も世の中の多数決の感じ嫌だよなあ、ふたりだけでいいよねって話だったり、ヘイトから寄り添いに繋げる曲ばっかりなんで、完全にハッピーな曲は作れないんじゃないかなって思っています。

もぎ:そういうところがお客さんに響くんじゃないかなと思うんですよね。「私もそう思うことあるな」って言ってくださったりする方も多いから、北にはこれからも悲しい気持ちになってほしい。

:ひどい(笑)。

左から:クーラーNAKANO、北、清水、もぎ

―清水さんとNAKANOさんもそう感じてるんですか?

清水:いや、そんな絶望しなくていいんじゃないですか(笑)。

NAKANO:北には常々幸せでいてほしいと思ってますよ。

もぎ:全員北には幸せになってほしいと思ってるよ。

―もぎさんが言うのは説得力ないですね(笑)。

:(笑)。よくよく考えてみたら、やっぱりめっちゃ幸せって時は意外とないかもしれない。まあ、幸せじゃないほうがいいのかもしれないですね。今話してて思ったけど、それでいい気がしてきました。

「バンドやめたいとまではいかないですけど、ちょっと休みたいなくらいに思ってて」(北)

―ちなみに、“ニヒリズム”を書いていた時はなぜ絶望していたのですか?

:高1の冬くらいに作った曲で、当時の絶望なんてそんな大したものではないんですけど、高校初めての年でなかなか馴染めないクラスになっちゃって。軽音部でもぎとNAKANOと、清水さんじゃなくて他のベーシストとバンドを組んで、最初は本当に4人とも全然仲良くなかったんです。曲作りもうまくいかないし、それぞれが自分のやりたいようにやりたいっていう感じだったんで、バンドやめたいとまではいかないですけど、ちょっと休みたいなくらいに思ってて。

北

:恋愛もうまくいかなかったし、テストも最悪だったし、何もうまくいかず、細かいことが積み重なりすぎて、自分を奮い立たせないとダメだと思って書いた曲です。歌詞は全然明るくないんですけど、自分自身へ向けたファイトソングです。

―もぎさんとNAKANOさんは、そのなにもうまくいっていない状態の北さんを見ていたんですよね?

もぎ:見てました。おもしろいのが、そのクラスにNAKANOがいたっていう……(笑)。

NAKANO:しかも席が隣だった。僕は北に対してリスペクトしかなかったんですけどね。

クーラーNAKANO

:思い返したら本当に申し訳ない(笑)。NAKANOは当時メガネでめちゃくちゃオタクみたいな感じで……どこを機に仲良くなったんだろうね。やっぱ清水さんが入ってからかな?

もぎ:清水さんが入ってすべてがいい方向に入ったよね。

清水:俺が先輩だったのが良かったのかな。僕が入った当時の雰囲気はすごく良かったよね。その頃の雰囲気を忘れないためにも、今でも僕に対して敬語を崩さないって決めています。

左から:クーラーNAKANO、もぎ、清水、北

:せっかく清水さんが入ってくれて状況が良くなったのに、距離を詰めすぎるとまたバンド内でのバランスが崩れると思って。だから、先輩後輩の関係は保ちつつバンドをやっていこうよって決めました。

―バンド内のパワーバランスがうまくいかないことが北さんの絶望の一端になっていたからそこらへんは敏感になりますよね。

:ほんとそうですね。だから今は本当にやりやすいです。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

ルサンチマン
『memento』(CD)

2021年3月31日(水)発売
価格:2,200円(税込)
BER-1003

1. ニヒリズム
2. 老いても
3. アンチドペル
4. だらしないうた
5. メメントモリ
6. ラル
7. 卒業(BonusTrack)

プロフィール

ルサンチマン(るさんちまん)

北(Vo・G)、クーラーNAKANO(G)、清水(B)、もぎ(Dr)からなる、平均年齢18歳の東京発オルタナディブロックバンド。2018年に結成、2019年にロッキング・オン主催のオーディション「RO JACK」で優勝し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」に出演。高校卒業を目前にした2021年3月31日に1stミニアルバム『memento』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察