インタビュー

DYGL・Akiyamaが語る「自分にないもの」を受け入れる強さ

DYGL・Akiyamaが語る「自分にないもの」を受け入れる強さ

インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:小林真梨子 編集:井戸沼紀美(CINRA.NET編集部)

この日の取材中、DYGLのフロントマンであるNobuki Akiyamaはふと、笑いを交えてこんなふうに言った。「もうひとりのメタな自分の声も聞こえてくる」――それはデビュー以降、音楽性においても、活動スタイルにおいても独自の道を突き進んできた、この聡明なロックバンドのフロントマンの内側にある、いくつもの声、いくつもの表情の在りようを垣間見る瞬間だった。彼らが3rdアルバム『A Daze In A Haze』に先駆けてリリースした、切なくもポップなシングル曲の“Half of Me”というタイトルが頭をよぎった。

『A Daze In A Haze』リリースに際してのAkiyama単独取材だが、内容はかなり彼のパーソナルな部分に踏み込むものになった。勘違いしてほしくないのは、アルバムの内容を無視したからそうなったのではなく、むしろアルバムの内容に引っ張られるかたちで、自ずとそうした質問が増えたということ。そのくらい、『A Daze In A Haze』はとてもパーソナルな、あるいは孤独な、アルバムである。

もちろんそこには、コロナ禍の影響も多々あっただろう。しかし、これも勘違いしてほしくないのは、音楽的にはかなり明るいアルバムでもある。それは1990年代初頭生まれの彼らDYGLが、自分たちの音楽原体験である2000年代という時代にあらためて向き合ったからこそ生まれたサウンドデザインによるところが大きいようだ。

「いま」という時代と、自分たちの記憶――それらに真っ向から向き合ったことで産み落とされたアルバム『A Daze In A Haze』。本作について、そして自分自身について、Nobuki Akiyamaに語ってもらった。

DYGL(でいぐろー)<br>2012年に大学のサークルで結成され、アメリカやイギリスに長期滞在をしながら活動を続ける全編英詞のギターロックバンド。Albert Hammond Jr.(The Strokes)とGus Obergがプロデュースをした1stアルバム『Say Goodbye to Memory Den』(2017年)は国内外問わず多くのメディアの注目を集めた。2019年に2ndアルバム『Songs of Innocence & Experience』をリリース。約6か月に及ぶ全世界52都市を巡ったアルバムツアーを遂行し、東京のみならず北京・上海・ニューヨーク公演がチケット完売となった。2021年7月にダイハツ「タント・カスタム」のCM楽曲に抜擢された新曲“Sink”を含む3rdアルバム『A Daze In A Haze』をリリース。
DYGL(でいぐろー)
2012年に大学のサークルで結成され、アメリカやイギリスに長期滞在をしながら活動を続ける全編英詞のギターロックバンド。Albert Hammond Jr.(The Strokes)とGus Obergがプロデュースをした1stアルバム『Say Goodbye to Memory Den』(2017年)は国内外問わず多くのメディアの注目を集めた。2019年に2ndアルバム『Songs of Innocence & Experience』をリリース。約6か月に及ぶ全世界52都市を巡ったアルバムツアーを遂行し、東京のみならず北京・上海・ニューヨーク公演がチケット完売となった。2021年7月にダイハツ「タント・カスタム」のCM楽曲に抜擢された新曲“Sink”を含む3rdアルバム『A Daze In A Haze』をリリース。

ブレなさと不器用さは紙一重。失敗しづらい時代に生きること

―日本と海外を行き来する活動スタイルであったり、自分たちのルーツに向き合った音楽性であったり、DYGLのこれまでの歩みには芯の通ったブレなさを感じるんです。今日の取材で、Akiyamaさんの根っこにあるものを少しでも覗くことができればと思っています。

Akiyama:よろしくお願いします(笑)。……でも、どうなんですかね。客観的に見た「ブレなさ」は、むしろ自分の不器用さから来ている部分もあるのかなって思います。世間の流れや人の目に合わせてなにかをすることができないというか。例えばめちゃくちゃ売れ線のJ-POPをつくれるのかって聞かれると、単純に興味はあるんだけど、そもそもやりたい気持ちにはなれなくて。そういう「自分はこれしかできない」っていう不器用さが「ブレなさ」に見えることもあるのかなと思う。

Nobuki Akiyama
Nobuki Akiyama

―自分の欲望に実直なんですかね。

Akiyama:それはあると思います。俺、高校生くらいの頃からマジでバイトが続かなくて(笑)。小さい頃から、周りからは「しっかりしてる」と思われてきたと思うけど、自分でよくよく考えてみると、仕事は続かないし、勉強もやりたい教科以外は全然やらなかったし。

ただ、中学生くらいから俺らにはSNSがあったから、その影響もあって「世渡り」みたいな感覚も植えつけられてきたんだと思います。2014年くらいにYkiki Beatとして「失敗しない生き方」って名前のバンドと共演したことがあるんですけど、そのバンド名は世相を表していて面白いなと思って。あるときから、みんなそういうふうに生き始めていたような気がするんです。

―失敗しないように?

Akiyama:ものすごい失敗をする人が減ったのと同時に、ものすごく成功する人も減っていった。みんな「中間」にいる感覚がずっとあって。失敗してはいけない、一度失敗したら足元すくわれるっていう世の中の空気を「イヤだな」と思いつつも、無駄な地雷を踏まないようにする嗅覚をいつのまにか備えていた。この時代を生き抜くために、自動的に。だから俺も、結果的にそんなにヤバい奴には見られてなかったと思うけど(笑)。

―(笑)。

Akiyama:でも、現実には自分が本当にやりたくないことをやっても全然楽しくないし、それをやっちゃうと心が荒んでいく。例えばバイト中とかでも、自分にとって全然おすすめじゃないサービスをお客さんにおすすめするとか、マジでできないんです。

そこに折り合いをつけてやっていくのが働くうえでの強さや常識なんだろうけど、自分は受け入れられなかった。そう考えると、本当に音楽があってよかったと思いますね。バイトが続かないとか、人と本当に仲良くなるまで時間がかかるとか、そういう自分の不器用さって、俺のなかでずっと弱さだったんです。だからこそ音楽にたどり着けたっていう意味では、その弱さは、いまの俺にとっては強さともいえるのかなって。

DYGL『A Daze In A Haze』を聴く(Spotifyを開く

Page 1
次へ

リリース情報

DYGL『A Daze In A Haze』
DYGL
『A Daze In A Haze』

2021年7月7日(水)発売
価格:2,750円(税込)
HEC007

1. 7624
2. Banger
3. Half of Me
4. Did We Forget How to Dream in the Daytime?
5. Sink
6. Bushes
7. Wanderlust
8. The Rhythm of the World
9. Stereo Song
10. Alone in the Room
11. The Search
12. Ode to Insomnia

イベント情報

『A Daze In A Haze Tour』

2021年10月1日(金)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2021年10月2日(土)
会場:京都府 磔磔

2021年10月3日(日)
会場:兵庫県 神戸 VARIT.

2021年10月5日(火)
会場:愛媛県 松山 サロンキティ

2021年10月6日(水)
会場:香川県 高松 DIME

2021年10月7日(木)
会場:熊本県 NAVARO

2021年10月9日(土)
会場:福岡県 BEAT STATION

2021年10月10日(日)
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM

2021年10月11日(月)
会場:広島県 広島クラブクアトロ

2021年10月17日(日)
会場:長野県 松本 ALECX

2021年10月19日(火)
会場:石川県 金沢 GOLD CREEK

2021年10月20日(水)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS – RED

2021年10月22日(金)
会場:福島県 郡山 HIPSHOT

2021年10月23日(土)
会場:岩手県 盛岡 the five morioka

2021年10月25日(月)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2021年10月30日(土)
会場:北海道 札幌 SPiCE

2021年11月2日(火・祝)
会場:大阪府 BIGCAT

2021年11月4日(木)
会場:愛知県 名古屋クラブクアトロ

2021年11月5日(金)
会場:東京都 USEN STUDIO COAST

プロフィール

DYGL
DYGL(でいぐろー)

2012年に大学のサークルで結成され、アメリカやイギリスに長期滞在をしながら活動を続ける全編英詞のギターロックバンド。Albert Hammond Jr.(The Strokes)とGus Obergがプロデュースをした1stアルバム『Say Goodbye to Memory Den』(2017年)は、期待のインディロックバンドとして国内外問わず多くのメディアの注目を集めた。アジアツアーや日本ツアー、海外アーティストとの対バンを行いながら制作を続け、2018年シングル『Bad Kicks』を発表。同年12月に行った全国5カ所をまわるツアーはすべて完売。その後2019年に各ラジオ局ヘビーローテーションにも選出され高い評価を得たシングル『A Paper Dream』が含まれる2ndアルバム『Songs of Innocence & Experience』をリリース。約6ヶ月に及ぶ全世界52都市を巡ったアルバムツアーを遂行し、東京のみならず北京・上海・ニューヨーク公演がチケット完売となった。2021年4月よりダイハツ「タント・カスタム」のCM楽曲に抜擢された新曲『Sink』は、ストイックにロックと向き合ったDYGLだからこそ辿り着いた新鮮でユニークな楽曲となっており、多くのリスナーが新作アルバムへ期待を寄せている。

関連チケット情報

2021年10月1日(金)
DYGL
会場:Live House 浜松 窓枠(静岡県)
2021年10月2日(土)〜10月3日(日)
DYGL
会場:磔磔(京都府)
2021年10月5日(火)〜10月6日(水)
DYGL
会場:松山サロンキティ(愛媛県)
2021年10月7日(木)〜10月9日(土)
DYGL
会場:NAVARO(熊本県)
2021年10月10日(日)〜10月11日(月)
DYGL
会場:CRAZYMAMA KINGDOM(岡山県)
2021年10月17日(日)〜10月20日(水)
DYGL
会場:松本ALECX(長野県)
2021年10月22日(金)〜10月25日(月)
DYGL
会場:Hip Shot Japan(福島県)
2021年11月2日(火)
DYGL
会場:BIGCAT(大阪府)
2021年11月5日(金)
DYGL
会場:USEN STUDIO COAST(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」