特集 PR

BiSHが真っ白になってぶち壊す 6人の新しい光を手にするために

BiSHが真っ白になってぶち壊す 6人の新しい光を手にするために

BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

BiSHは止まることなく、果敢に進み続ける。バラバラの個性を持った6人が集まった「楽器を持たないパンクバンド」は、逆風にも力強く立ち向かっていく。8月4日にリリースされたBiSHのメジャー4thアルバム『GOiNG TO DESTRUCTiON』は、そんなグループのいまを感じさせる一枚だ。

昨年12月には国立代々木競技場第一体育館で約11か月ぶりの有観客ワンマン『REBOOT BiSH』を完遂。5月からは昨年から延期となっていたBiSH初の対バンツアー『BiSH’S 5G are MAKiNG LOVE TOUR』で全国のライブハウスをまわり、同時期には名古屋、大阪でもアリーナ規模のワンマン公演も行ってきた。ライブに集う「清掃員(=ファン)」と、対バン相手の歴戦の猛者のバンドたちとともに、コロナ禍で制限された会場でも、各地で確かな熱を生んできた。

「破壊」をテーマにした新作アルバムも、そんなライブの風景が思い浮かぶ。新作について、ライブについて、そしてそれぞれのソロや個人活動が活発になりつつあるタイミングだからこそ感じるグループのいまについて、メンバー全員に語ってもらった。

11か月ぶりの有観客ライブを振り返って。「BiSHがいるべき場所はここだって感じて、その感情を大事にしたいと思った。愛があふれた瞬間でした」

BiSH(ビッシュ)<br>アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる「楽器を持たないパンクバンド」BiSH。2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。2016年5月avex traxよりメジャーデビュー。
BiSH(ビッシュ)
アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる「楽器を持たないパンクバンド」BiSH。2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。2016年5月avex traxよりメジャーデビュー。

―まずは昨年12月の『REBOOT BiSH』のことから聞かせてください。11か月ぶりの有観客でのライブでしたが、どういう記憶が残っていますか?

セントチヒロ・チッチ(以下、チッチ):BiSHにとってライブは生きる場所だったんですけれど、それが途絶えてしまって。お客さんの前で歌うのが久しぶりだったので、どんな感じになるか自分でも想像もつかなかったんです。でも、なにかを思うより前に涙が出てきました。

いいライブがしたいと思ってたんですけど、それよりも感情があふれてきちゃう日だった。清掃員の顔が見えたときに「BiSHがいるべき場所はここだよな」って改めて感じて、その感情をすごく大事にしたいと思いました。愛があふれた瞬間でした。

モモコグミカンパニー(以下、モモコ):決まってから開催まで時間があったし、ライブ自体の尺も長かったんですけど、ほんとにその日は一瞬のようでした。これまで当たり前だったことが奇跡みたいなことなんだなって実感できた日でしたね。

リンリン:1年間ぐらいずっと無観客ライブばかりだったので、やっとお客さんに会えた瞬間は、それまでの1年間がなにもなかったように、一瞬でぎゅっと時が縮まった気がして。まぼろしみたいな体験だなって思いました。

リンリン
リンリン
リンリン

ハシヤスメ・アツコ(以下、ハシヤスメ):無観客ライブのなかでも新しさや楽しさを見出したりもしていました。『REBOOT BiSH』は、リハーサルの時点で「これは泣いてしまうかも」って思ったんですけど、始まったら「ちゃんとやらなきゃ」ってスイッチが入りました。開催できてよかったっていうのが本当に一番でした。

アイナ・ジ・エンド(以下、アイナ):私は「やっと会えたね」って思って、すごくうれしかったし、泣きそうになりました。“オーケストラ”で私が歌ったときに、ファンの人たちがサプライズで赤いサイリウムを振って私の誕生日をお祝いしてくれたのも、コロナ禍で会えないのに清掃員同士が連絡をとりあってくれたんだって思って。かけがえのない時間だったなって思います。

アユニ・D(以下、アユニ):あの日は「これがライブだ!」って痛いほど実感しました。私たちも清掃員の人たちも会えなかった時間があって、いろんなことを辛抱して、いろんなことに気づいて、もがいて生きてきたと思うので。あのとき、あの場所で、お互いに生きていることを確かめあった。感情のぶつかりあいができて、すごく幸せでした。いろんなものを溜め込んでみんながたどり着いた場所だったので、特別な日になったと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』初回生産限定盤
BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』初回生産限定盤(CD+Blu-ray Disc+PHOTOBOOK)

2021年8月4日(水)発売
価格:11,000円(税込)
AVCD-96748/B

・“MTV Unplugged: BiSH”には、メンバーによる裏話満載のオーディオコメンタリー収録
・100P豪華写真集付属
・なんじゃこりゃ~箱仕様
※銃で撃たれたような穴が開いている仕様

[CD]
1. CAN WE STiLL BE??
2. in case...(TVアニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』オープニングテーマ)
3. STACKiNG(TVアニメ「キングダム」第2クール オープニングテーマ)
4. BE READY(スマホゲーム「ラグナドール」主題歌)
5. ZENSHiN ZENREi(フジテレビ系「レンアイ漫画家」オープニングテーマ)
6. NATURAL BORN LOVERS
7. I have no idea.
8. WiTH YOU
9. 狂う狂う
10. MY WAY
11. Beginning, End and Beginning
12. STORY OF DUTY( [Call of Duty:Mobile]タイアップソング)
13. BROKEN
14. STAR (読売テレビ「ボクとツチノ娘の1ヶ月」主題歌)

[BD]
1. オーケストラ
2. VOMiT SONG
3. I’m waiting for my dawn
4. SMACK baby SMACK
5. DiSTANCE
6. NO SWEET
7. リズム
8. 遂に死
9. The Man Who Sold the World
10. FOR HiM
11. HiDE the BLUE
12. スーパーヒーローミュージック
13. BiSH-星が瞬く夜に-
MUSiC ViDEO
STORY OF DUTY
STAR -LYRiC ViDEO-
STACKiNG
BE READY
STACKiNG -MAKiNG MOViE-
BE READY -MAKiNG MOViE-

BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』破壊盤
BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』破壊盤(CD)

2021年8月4日(水)発売
価格:3,300円(税込)
AVCD-96749

・メンバー1名の直筆サイン入り
・世界に一つだけの破壊仕様
※ケースにヒビ割れの特殊加工
・ピクチャーレーベル仕様

1. CAN WE STiLL BE??
2. in case...(TVアニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』オープニングテーマ)
3. STACKiNG(TVアニメ「キングダム」第2クール オープニングテーマ)
4. BE READY(スマホゲーム「ラグナドール」主題歌)
5. ZENSHiN ZENREi(フジテレビ系「レンアイ漫画家」オープニングテーマ)
6. NATURAL BORN LOVERS
7. I have no idea.
8. WiTH YOU
9. 狂う狂う
10. MY WAY
11. Beginning, End and Beginning
12. STORY OF DUTY( [Call of Duty:Mobile]タイアップソング)
13. BROKEN
14. STAR (読売テレビ「ボクとツチノ娘の1ヶ月」主題歌)

BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』DVD盤
BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』DVD盤(CD+DVD)

2021年8月4日(水)発売
価格:6,380円(税込)
AVCD-96750/B

[CD]
1. CAN WE STiLL BE??
2. in case...(TVアニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』オープニングテーマ)
3. STACKiNG(TVアニメ「キングダム」第2クール オープニングテーマ)
4. BE READY(スマホゲーム「ラグナドール」主題歌)
5. ZENSHiN ZENREi(フジテレビ系「レンアイ漫画家」オープニングテーマ)
6. NATURAL BORN LOVERS
7. I have no idea.
8. WiTH YOU
9. 狂う狂う
10. MY WAY
11. Beginning, End and Beginning
12. STORY OF DUTY( [Call of Duty:Mobile]タイアップソング)
13. BROKEN
14. STAR (読売テレビ「ボクとツチノ娘の1ヶ月」主題歌)

[DVD]
1. オーケストラ
2. VOMiT SONG
3. I’m waiting for my dawn
4. SMACK baby SMACK
5. DiSTANCE
6. NO SWEET
7. リズム
8. 遂に死
9. The Man Who Sold the World
10. FOR HiM
11. HiDE the BLUE
12. スーパーヒーローミュージック
13. BiSH-星が瞬く夜に-

BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』CD盤
BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』CD盤(CD)

2021年8月4日(水)発売
価格:3,300円(税込)
AVCD-96751

[CD]
1. CAN WE STiLL BE??
2. in case...(TVアニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』オープニングテーマ)
3. STACKiNG(TVアニメ「キングダム」第2クール オープニングテーマ)
4. BE READY(スマホゲーム「ラグナドール」主題歌)
5. ZENSHiN ZENREi(フジテレビ系「レンアイ漫画家」オープニングテーマ)
6. NATURAL BORN LOVERS
7. I have no idea.
8. WiTH YOU
9. 狂う狂う
10. MY WAY
11. Beginning, End and Beginning
12. STORY OF DUTY( [Call of Duty:Mobile]タイアップソング)
13. BROKEN
14. STAR (読売テレビ「ボクとツチノ娘の1ヶ月」主題歌)

プロフィール

BiSH(ビッシュ)
BiSH(ビッシュ)

アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー、セントチヒロ・チッチ、 ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる“楽器を持たないパンクバンド” 。2015年3月に結成、2016年5月avex traxよりメジャーデビュー。全国のライブハウスから横浜アリーナ、幕張メッセ展示場、大阪城ホール等での大型アリーナでワンマンライブを開催。収益全額を全国のライブハウスに寄付する初のベストアルバム「FOR LiVE -BiSH BEST-」、メジャー3.5thアルバム「LETTERS」が連続でアルバムチャート1位を獲得。2020年12月24日に332日ぶりとなる有観客ワンマン”REBOOT BiSH”を代々木第一体育館にて開催した。2021年は、全12組との超豪華対バンツアーの実施や、9月には仙台で開催される、「BiSH SPARKS “Get out of boredomZ” EPiSODE 1」セキスイハイムスーパーアリーナ公演の開催が決定している。各メンバーの個性豊かなソロ活動も積極的に展開中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性