特集 PR

みたらし加奈と考えるメンタルヘルス 記憶と響き合う作品群の前で

みたらし加奈と考えるメンタルヘルス 記憶と響き合う作品群の前で

HILLS LIFE DAILY
インタビュー
野村由芽
撮影:山本佳代子 テキスト・編集:井戸沼紀美(CINRA.NET編集部)

森美術館で開催中の『アナザーエナジー展』は、キャリア50年以上、世界14か国で活動する72歳から106歳までのアーティストたちの作品を紹介する展覧会だ。参加する16作家は全員が女性となる。

「キャリア50年以上」と言葉にしてしまえばシンプルだが、揺れ動く社会のなかで、つねに自らの信念や願いを追求してきた彼女たちの道のりには、数えきれないほどの葛藤や物語があったことだろう。

仮にいたって平和な社会に生きていたとしても、自分のなかに渦巻くエネルギーをつねにポジティブに捉え続けられる人はいない。傷ついたり、もがいたり、立ち直ったりしながら、少しずつ自分の輪郭を確かめていくのが人間という生き物ではないだろうか。

そんななかで自らの内面と向き合い、活動を続けていくための秘訣はどこにあるのだろう。国際心理支援協会でカウンセリングをしながら、TwitterやInstagram、TikTok、YouTubeなどのSNSで情報発信を続ける臨床心理士のみたらし加奈に、『アナザーエナジー展』の会場で話を訊いた。自らも傷つき、立ち直ってきた経験を持つみたらしの言葉に、ぜひ耳を傾けてほしい。

ポッドキャストでも、みたらし加奈によるトークを配信中。聞き手は「自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ」She isで編集長を務め、現在はme and you, inc.の取締役を務める編集者の野村由芽。ポッドキャストの後編には、『アナザーエナジー展』を担当した森美術館アソシエイト・キュレーター・德山拓一も登場する。よりディープな対話を楽しみたい方は、ぜひ音声版もあわせてチェックしてほしい(Spotifyを開く

ベッドから出られない人にも情報を。SNSでメンタルヘルスについて発信するまで

みたらし加奈(みたらし かな)<br>1993年生まれ東京都出身。大学院で臨床心理学の修士課程修了。臨床心理士として勤務する傍ら、メディアとSNSを通してメンタルヘルスや性被害の正しい認知を広める活動をしている。同性パートナーとともに運営するYouTubeチャンネル『わがしchannel』では、ライフスタイルやファッション、美容などの情報を発信している。
みたらし加奈(みたらし かな)
1993年生まれ東京都出身。大学院で臨床心理学の修士課程修了。臨床心理士として勤務する傍ら、メディアとSNSを通してメンタルヘルスや性被害の正しい認知を広める活動をしている。同性パートナーとともに運営するYouTubeチャンネル『わがしchannel』では、ライフスタイルやファッション、美容などの情報を発信している。

―みたらしさんはメンタルヘルスにまつわる情報を広める活動をされていますが、きっかけは何だったのでしょうか?

みたらし:私が「心」について向き合うきっかけになったのは、高校1年生のときの経験でした。それまでの人生で悔しかったり、傷ついたりしたときの気持ちが自傷行為というかたちで表に出てしまったんですね。

最初は「自傷行為」という言葉を知らなかったので、ある種の表現の1つとして、自分の皮膚や体を傷つけていました。自分自身でも「これは何だろう」と思いながら。

その後、大学に進学するタイミングで親友が臨床心理学を学べる学部に行こうかなと言い出して。そこで私も臨床心理士という仕事を初めて知ったんです。色々気になったことを調べてみると、自分がいままでやってきた行為がどういうことだったのか、点と点がつながった感覚がありました。

それまでの私は、メンタルヘルスや臨床心理学について、どこか遠いところにあるものだと思い込んでいたんです。でも、自分にも置き換えられることだと気がついて、そこから興味を持ち出したという経緯です。

みたらし加奈

―そういったご経験を踏まえて、いまはメンタルヘルスについての情報をSNSという身近なプラットフォームを通じて発信されています。SNSを選んだのにはどういった想いがありましたか?

みたらし:自分は臨床心理士として総合病院の精神科に勤めていたんですが、重症化してからやっと病院にかかる患者さんがとても多くて。

本人がいくら病院に行きたいと望んだとしても、周りの人の偏見によって妨げられてしまったり、逆に「メンタルヘルスを崩すわけがない」という本人の思いによって、生活ができなくなるくらいまで症状を悪化させてしまうケースが後をたたなかったんです。

精神疾患は体の病気と一緒で、早く治療すればするほど、その後の回復が早くなるといわれています 。だからこそどうすれば早く情報を届けられるかなと考えた時に、SNSを選びました。

しんどくて苦しいときには外に出るのも億劫になるじゃないですか。ベッドのなかでずっと携帯をいじっていたりとか。だからこそ、そのスマートフォンの画面のなかに自分を理解するヒントや病院を受診するきっかけがあればと思い、情報発信を始めました。

みたらしはTwitter、InstagramのほかTikTokやYouTubeでも発信を行なっている

Page 1
次へ

イベント情報

『アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人』

2021年4月22日(木)~9月26日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~20:00(当面、時間を短縮して営業。火曜は17:00まで)

書籍情報

『マインドトーク あなたと私の心の話』

2020年6月30日(火)発売
著者:みたらし加奈
価格:1,540円(税込)
出版:ハガツサ ブックス

サイト情報

HILLS LIFE DAILY

HILLS LIFE DAILYは、いつも新しい「何か」が起こる街 ヒルズを舞台に、都市生活を楽しむためのアイデアを提案してゆくメディアです。

プロフィール

みたらし加奈(みたらし かな)

1993年生まれ東京都出身。大学院で臨床心理学の修士課程修了。臨床心理士として勤務する傍ら、メディアとSNSを通してメンタルヘルスや性被害の正しい認知を広める活動をしている。LGBTQについての関心がある。パートナーとともに運営するYouTubeチャンネル『わがしchannel』では、ライフスタイルやファッション、ビューティの情報を発信している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性