特集 PR

自信なきシンガー・シトナユイ 流されながら肩の力を抜いて進む

自信なきシンガー・シトナユイ 流されながら肩の力を抜いて進む

Eggs
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
編集:井戸沼紀美(CINRA.NET編集部)

3歳からクラシック音楽に親しみ、ダンスを通してR&Bやヒップホップを体に染み込ませてきた現役音大生のシトナユイが初の配信シングルを発表した。

幼少期から音楽の道をひた走ってきたかと思いきや、じつは「音楽の道に進む気はなかった」というシトナ。流れるままにたどり着いた音楽というフィールドで、彼女は何を表現しようとしているのだろう?

今回配信された“morning moon”からは、ルーツであるクラシックの麗しさとブラックミュージックのような力強さ、そして自身のクールな歌声をあくまで「音」として捉えるような姿勢が感じられる。音大に入って感じた周囲との差異や、自分への自信のなさ、そしてこれから生み出したい音楽について、ざっくばらんに語ってもらうことで、シトナの表現の輪郭を探った。

シトナユイ<br>大阪音楽大学ミュージッククリエーション専攻在籍。幼少期にバレエを習い始め、バイオリン、ストリートダンスなどさまざまなジャンルの音楽を経験し、現在に至る。留学経験やダンスの影響から、洋楽のような雰囲気の楽曲の制作を得意としている。また、現在は自身の楽曲を発表するとともに、劇伴奏の作曲にも興味を持ち、勉強中。
シトナユイ
大阪音楽大学ミュージッククリエーション専攻在籍。幼少期にバレエを習い始め、バイオリン、ストリートダンスなどさまざまなジャンルの音楽を経験し、現在に至る。留学経験やダンスの影響から、洋楽のような雰囲気の楽曲の制作を得意としている。また、現在は自身の楽曲を発表するとともに、劇伴奏の作曲にも興味を持ち、勉強中。

『関ジャム』と教師の言葉が音大進学の後押しに

―シトナさんは幼少期からピアノ、バイオリン、フルートなどさまざまな楽器を演奏されていたそうですが、クラシックが音楽の入り口だったのですか?

シトナ:そうですね、完全にクラシックです。3歳からピアノを始めて、そのあとバイオリンに転向したんです。どんどんクラシックにのめり込んでいって、中学までは声楽もやっていました。

―同時に、バレエも習っていたそうですね。

シトナ:はい、5歳くらいのときに始めました。だけどフリフリの衣装が自分にはフィットしなくて、小学校に入ってからはストリートダンスの学校に通い始めたんです。そこでヒップホップやR&Bにも触れて。ただ、やっぱり自分のなかで大きいのはクラシックの存在です。

シトナユイ“morning moon“ミュージックビデオ

―高校では「ポピュラーボーカルコース」に入られ、その後は大阪音楽大学に進学されています。早いうちから音楽一本でやっていくという気持ちがおありだったのでしょうか?

シトナ:じつは高校に入った時点では「音楽がやりたい」というよりも、「勉強をしたくない」という気持ちのほうが大きかったんです(笑)。

高校からさらに音大へと進んだきっかけは、高校時代の先生が、大阪音大に新設されたミュージッククリエーション専攻に対して「お金と時間があったらぼくが入りたい」と言っていたから。

その頃ちょうど『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)の中田ヤスタカさんがDTMを紹介する回を見ていたのですが、先生が「こういうソフトを使えば映画音楽もつくれるんだよ」と教えてくれて。そこで「この大学に入りたい」という気持ちが一気に強くなりました。

―映画音楽に興味を持ったのは何がきっかけだったんですか?

シトナ:映画『ハリー・ポッター』シリーズ(2001年~2011年)の劇伴を手掛けたジョン・ウィリアムズや『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)のダニー・エルフマンの音楽が、子どもの頃からすごく好きなんです。自分はクラシックから音楽を知ったので、親しみやすい部分もあるのだと思います。

ジョン・ウィリアムズ『ハリー・ポッターと賢者の石 ― オリジナル・サウンドトラック』を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

リリース情報

シトナユイ
『morning moon』

2021年7月28日(水)配信

プロフィール

シトナユイ
シトナユイ

大阪音楽大学ミュージッククリエーション専攻在籍。幼少期にバレエを習い始め、バイオリン、ストリートダンスなど様々なジャンルの音楽を経験し、現在に至る。留学経験やダンスの影響から洋楽のような雰囲気の楽曲を制作する事を得意としている。また、現在は自身の楽曲を発表する事とともに劇伴奏の作曲にも興味を持ち、勉強中である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性