特集 PR

unBORDE・鈴木竜馬を取材。ゲス乙女を巡る報道に対して提言も

unBORDE・鈴木竜馬を取材。ゲス乙女を巡る報道に対して提言も

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く新連載『ギョーカイ列伝』。その記念すべき幕開けに、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゲスの極み乙女。、tofubeatsなどを輩出してきたワーナーミュージック・ジャパン内レーベル「unBORDE」主宰の鈴木竜馬をお迎えした。スペイン語で「エッジ」を表すレーベル名通り、個性豊かなアーティストを擁し、CDセールスが100万枚に届きにくくなった音楽業界に新たな風を吹き込んだ人物だ。

レーベル設立から5年を経て、2016年には、コカ・コーラとのコラボによって幕張メッセにて招待制の無料フェスを開催。今回の取材では、音楽と企業のタイアップの新たな可能性についてから、看板アーティストの1組であるゲスの極み乙女。を巡る騒動で感じた日本のメディアに対する提言までを、熱く語ってくれた。

ここから先をどうするかがすごく難しいんです。今が過渡期だなと思っています。

―まずは竜馬さんのこれまでの職歴と、unBORDE設立までの経緯を話していただけますか?

竜馬:僕の社会人デビューは1993年で、ソニーミュージックのグループに入社して、マーチャンダイジングの仕事をしていました。4年ほど働いてからソニーをドロップアウトして、旅して遊んだりしたあと、ワーナーミュージックのグループにジョインしたのが1999年。宇多田ヒカルさんの800万枚ヒットが生まれたりした年です。

当時の自分の大きな仕事としては、2001年にRIP SLYMEのデビューに携わらせてもらったこと。職責としては販促だったんですけど、国民認知度2割とかだったアーティストの2ndアルバム(『TOKYO CLASSIC』)が、いきなりオリコン初登場1位で、100万枚を売ったんですよね。

―それが竜馬さんにとって、今のご自身にまで影響を与えるような大きな体験となっている。

竜馬:「100万枚ヒット」って、本当に体感しないとわからないことなんですよ。発売日の次の日に「6桁バック」という、今では死語になりかかってますけど、10万枚単位のバックオーダー(CDショップがメーカーに追加発注をかけること)がきて、工場の生産が追い付かなかった。それは本当に震えるような体験で、だからこそ、若いやつには常に「目標を上げろ」と言ってるんです。

鈴木竜馬
鈴木竜馬

―そのあとにA&R(Artists and Repertoireの略。アーティストの制作担当)の仕事に移ったそうですね。

竜馬:2004年からRIP SLYMEの制作に直接かかわるようになったり、BONNIE PINKの復活劇にかかわらせてもらったりして、ヒット作りを経験してきました。そのあと一度宣伝部長をやって、2010年にA&Rに戻ったんですけど、その頃にはそう簡単に100万枚売れない状況になっていた。

なので、数字の作り方として、100万単位でCDを売ることを狙うのではなく、10万枚や20万枚といった、比較的ターゲットを見据えてやれるような濃いアーティストを数組並べて、トータルで100万枚売るということをやれないかと思ったんです。

そのときに僕の上司だったのが、今はもう亡くなってしまった吉田敬という、あとにも先にもあれほどCDを売った人は出てこないであろう、平井堅、the brilliant green、CHEMISTRY、コブクロなど、ミリオンヒットを連発した人で。その人に「自分のやり方をそのまま真似しなくていい。お前の方程式でいいから、なにかやってみろ」と言ってもらって。会社のオーダーと、自分のアイデアが、いい意味で合致したタイミングでした。

―そこでunBORDEを立ち上げたわけですね。

竜馬:そうです。スタッフに関しても、これまでとは概念を変えた方がいいと思ったので、ちょっとでこぼこなやつというか、「ネジが外れてる」というより、「最初からネジついてなかったんじゃないの?」みたいなやつばっかりを集めて(笑)。当時は、野郎ばっかり7~8人で始めました。

僕はこの業界って、女性の活躍の場がすごくあると思ってるから、基本的には女性登用主義者で。今はunBORDEにも女性のA&Rが何人かいて、彼女たちがヒットを作ってくれてるんですけど、当時はでたらめなやつを集めたら男ばっかりになっちゃって(笑)。

鈴木竜馬

―スタッフも個性豊かな布陣で、第1弾アーティストの神聖かまってちゃんが象徴するように、個性の強いアーティストを、そのアーティストの色にあった方法論で世に届けて、レーベルとしてトータルで「100万枚」を作ろうとしたわけですね。

竜馬:ただ、やっぱり「10万枚×10組=100万枚」というのを実現するのは簡単なことではなく、5万枚売れるアーティストもいれば、15万枚のアーティストもいて、帳尻を合わせながらここまで来たというのが正直なところです。

2年目でいきなりきゃりー(ぱみゅぱみゅ)との出会いに恵まれたり、ゲスの極み乙女。もそうで、彼らのように大きなヒットとなったアーティストもいる一方、RIP SLYMEや高橋優のように常に安定したアベレージを持った人もいる。全体のなかで伸び縮みがありつつ、ここまで来ました。なので、数字の理論が100%成功したわけではない。ただ、セグメント化したことによって、もう一度レーベルというものにアイデンティティーを持たせることができたので、ブランディングとしては成功したのかなと思っています。

神聖かまってちゃんメジャーデビューアルバムより(2010年3月) 高橋優メジャーデビュー曲(2010年7月)

―まさに、今では「unBORDE」というレーベル自体に強い記名性がありますよね。

竜馬:ただ、ここから先をどうするかがすごく難しいんです。今が過渡期だなと思っています。俺はそもそもunBORDEを変に大きくしようとは思ってないから、どれだけ人気のあるアーティストの話をもらっても、闇雲に契約を結んだりはしないんですけど、とはいえ会社人としての職責がある。

なので、会社には他の部署で貢献しつつ、「その分unBORDEは自由にやらせてください」という形で10年続けるのか、もしくは一回かっこよく潰しちゃうのもアリかもしれない!? とか、選択肢としていろいろ考えているところです。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロフィール

鈴木竜馬(すずき りょうま)

株式会社ワーナーミュージック・ジャパン執行役員 / 邦楽第1クリエイティブルーム本部長 / unBORDEレーベルヘッド。1969年、東京生まれ。1993年、株式会社SONY CREATIVE PRODUCTSに入社。1999年、ワーナーミュージック・ジャパン入社。RIP SLYMEのデビューから、山下達郎、竹内まりやなどの販売促進担当として様々なプロジェクトに携わる。2010年、社内に邦楽レーベル「unBORDE(アンボルデ)」を発足。きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースなど、レーベルの陣頭指揮を執りながら現在に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い