特集 PR

Tom-H@ckが語る、『けいおん!』の大ヒットから会社設立まで

Tom-H@ckが語る、『けいおん!』の大ヒットから会社設立まで

KORG
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

コンテンツをかたちにしていく場所、Tom-H@ckの新しいプライベートスタジオ

こちらはTom-H@ckさんの、できたてほやほやのプライベートスタジオです。以前は住居と制作スペースを一緒にしていましたが、自宅とは別にこの物件を手に入れ、仕事専用の部屋にしました。作編曲はもちろん、アーティストを呼んでボーカルやギターのレコーディングを行ったり、クライアントやスタッフとの打ち合わせを行ったり、様々な創作活動や会社業務ができる場所。今はまだ、機材の置き場所や部屋鳴りなど試行錯誤をしている最中とのこと。ここからまた、素晴らしい作品が生み出されていくのでしょう。

スタジオ風景
スタジオ風景

お気に入りの機材 1:KORG「KRONOS(88 Key Model)」

KORG「KRONOS(88 Key Model)」
KORG「KRONOS(88 Key Model)」(最新ラインナップ

優れたミュージックワークステーションを作り続けてきたKORGが、2011年から販売している最上位機種。CX-3、MS-20、Polysixなど、往年の名機の音源、音色が搭載された、ワークステーションの集大成です。

Tom-H@ck:このスタジオのメインキーボードです。こいつ、ヤバイんですよ! プリセット音がとにかくハイクオリティーなのですが、なかでもエレピの音は、世界中で発売されているシンセのなかでも最強だと思いますね。

単にビンテージのエレピを再現するだけなら他にもいろんなシンセがありますが、これはオケのなかで鳴らしたときにちゃんとヌケてくれるんです。音のツヤ感、密度が尋常じゃない。「今」の楽曲のなかでも、ちゃんと存在感を放ってくれる。エレピだけでなくオルガン系の音も好きですね。特にチャーチオルガンがお気に入りです。

KORG「KRONOS(88 Key Model)」

お気に入りの機材 2:KORG「monologue」

KORG「monologue」
KORG「monologue」(商品詳細

4ボイスポリフォニックであるminilogueと共通するイメージのデザイン、操作性、ビルドクオリティーを持った、新世代アナログシンセサイザー。minilogueをベースにしながらも、サウンド面においてはまったく異なる部分をフィーチャーし、パワフルなモノフォニックシンセとして再設計されています。

Tom-H@ck:シーケンス機能を使ってみたら、びっくりしました。アナログ感を残しつつエッジの効いた音色になる。しかもすごい速さでフレーズを作ることができる。ツマミもシンプルで、マニュアルを読まなくてもすぐに音作りができるところもいいですね。

デザインも素敵です。背面が木になっているところとか、アナログシンセ好きにはたまらない。その辺のツボを全部わかっている人がデザインしたシンセだなと思います。

KORG「monologue」

お気に入りの機材 3:KORG「Gadget for Mac」

KORG「Gadget for Mac」
KORG「Gadget for Mac」(商品詳細

数々のアワードを受賞した音楽制作アプリKORG GadgetのMac版が、近日リリースされます。iOS版で好評だった機能のすべてをブラッシュアップ。最大のガジェット楽器コレクションを備え、さらにプラグインとしてもあらゆるDAWで使用できます。これまでiOS版を愛用してこられたTom-H@ckさんに、一足先に試していただきました。

Tom-H@ck:iOS版のなかに入っているシンセ音源が、すごく音がいいんですよ。iPad仕様のいわゆるガジェット系DAWで、こんなに音がいいアプリって他にある? って思うほど衝撃でした。

音色も、たとえばEDMに特化したシンセなんていうのもあって、しかもどれも本格的。直感的に操作できて、気軽にトラックメイキングできるので、入門用としても楽しめると思います。

Mac版は、スタンドアローンだけではなく、プラグインとして立ち上げることも可能なんですね。内蔵音源をプラグインとして使えるので、音源制作で今後使う人が増えると思いますよ。あとデザインもよくて、この画面を立ち上げた瞬間にテンションが上がる。それって制作のモチベーションとして、とても大事だと思うんですよね。

KORG「Gadget for Mac」

お気に入りの機材 4:moog「Minimoog Voyager Rack Mount Edition」

moog「Minimoog Voyager Rack Mount Edition」
moog「Minimoog Voyager Rack Mount Edition」(商品詳細

Minimoog Voyagerのパワーをもち、ラックマウントまたはテーブルトップの使用のためにデザインされたもの。フロントパネルのすべての操作子は、MIDIのコンティニュアスコントロールのメッセージを送受信することが可能です。

Tom-H@ck:MIDIでコントロールできる現代的なアナログシンセはたくさんあるんですよ。本機はその走りであって、なおかつサウンドも超極太。これをシンセベースとして使うだけで、「もう他の音色、いらないんじゃないの?」っていうくらいの存在感を放ってくれる(笑)。

しかも、アナログシンセ特有のバラつきみたいなものがあって、音の切れ方が毎回ちょっとずつ違ったり、エフェクトのかかり方が微妙に違ったりして、そういうアナログシンセならではの不安定さがリアリティーにつながるんですよね。プリセットも膨大なので、探している音が必ず見つかると思いますよ。

moog「Minimoog Voyager Rack Mount Edition」

夢は「日本のPixarを作ること」と話してくれたTom-H@ckさん。自己プロデュース能力に長けた彼ならきっと、その大きな夢に向かって着実に前進してくれるに違いありません。自分自身を的確に客観視し、アーティスト活動とビジネス活動、その両方を行き来しながら今後も素晴らしい作品を世に送り出してくれることでしょう。

Page 3
前へ

スタジオ機材リスト

コンピュータ
Apple「Mac Pro」

DAWソフト
Apple「Logic Pro」

オーディオインターフェース
GRACE design「m905」

MIDIキーボード

Dave Smith Instruments「Poly Evolver Keyboard」(Tom-H@ckオリジナルカラー)

音源

モニタースピーカー
KS Digital「C8-Coax」
ADAM「S1X」

ヘッドホン
SENHEISER「HD800」

リリース情報

MYTH & ROID
『eYe's』初回限定盤(CD+Blu-ray)

2017年4月26日(水)発売
価格:4,320円(税込)
ZMCZ-11076

[CD]
・L.L.L.
・ANGER/ANGER
・STYX HELIX
・Paradisus-Paradoxum
・JINGO JUNGLE (リミックス)
・Crazy Scary Holy Fantasy
ほか、新曲含む全14曲収録予定
[Blu-ray]
1.”L.L.L.” Music Clip
2.”ANGER/ANGER” Music Clip
3.”STYX HELIX” Music Clip
4.”Paradisus-Paradoxum” Music Clip
5.”JINGO JUNGLE” Music Clip
6.”タイトル未定(新曲)” Music Clip

MYTH & ROID
『eYe's』通常盤(CD)

2017年4月26日(水)発売
価格:3,240円(税込)
ZMCZ-11077

・L.L.L.
・ANGER/ANGER
・STYX HELIX
・Paradisus-Paradoxum
・JINGO JUNGLE (リミックス)
・Crazy Scary Holy Fantasy
ほか、新曲含む全14曲収録予定

プロフィール

Tom-H@ck(とむはっく)

2008年のデビュー作、社会現象にもなった大ヒットTVアニメ『けいおん!』の楽曲を手がけ、その後、自身のアーティスト活動「OxT」「MYTH & ROID」の2つのユニットでアーティストデビュー。以降、T.M.Revolution、でんぱ組.Inc、ももいろクローバーZ、清 竜人25、SuG、ロッカジャポニカ、LiSA、マジカル・パンチライン、UROBOROSなどのアーティスト、アイドルのプロデュースや楽曲提供、映画、アニメなどの劇伴音楽なども担当。これまで数々のヒットコンテンツをプロデュースしている。2016年5月にTaWaRaを設立。TaWaRaにおいてはサウンドのみならず、エンターテイメント事業全体のプロデューサーを務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる