手塚治虫作品から感じる光を闇を稲葉英樹、鴻池朋子、グルーヴィジョンズらが表現

手塚治虫作品が持つ多面性、キャラクター、物語、世界観など、その全てから感じることのできる「光と闇」をテーマに、手塚治虫の遺伝子を蘇らせる展覧会『手塚治虫の遺伝子 闇の中の光 展』が、渋谷パルコファクトリーで開催中だ。

会場では手塚治虫作品の原画・アニメーション展示、及び手塚作品の紹介に加え、アーティスト、デザイナーによる手塚作品のカバーアート作品、ビデオインスタレーション、映像などを紹介。カバーアートには長谷川踏太(tomato)、青木京太郎、グルーヴィジョンズ、ADAPTER、エンライトメント、タナカカツキ、永戸鉄也など国内外で活躍するアーティストたちが多数参加する。

なお、手塚治虫の生誕80周年にあたる11月3日の誕生日をはさみ、その前後1年ずつ、計2年を「手塚治虫生誕80周年プロジェクト」の期間としており、同展覧会のほかにもさまざまな記念事業が予定されている。

『手塚治虫の遺伝子 闇の中の光展 tezuka gene Light in the Darkness』
2008年10月24日(金)~11月10日(月)10:00~21:00
第1会場:
PARCO FACTORY パルコファクトリー
渋谷パルコ パート1 / 6F
第2会場:
LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー
渋谷パルコ パート1 / B1

出展アーティスト:
ADAPTER
青木京太郎
AMGDO
UNNON
稲葉英樹
Imaitoonz
井口弘史
IPPI
エンライトメント
小谷元彦
大原大次郎
グルーヴィジョンズ
黒川知希
草野剛
五木田智央
近藤麻由
永戸鉄也
白根ゆたんぽ
佃弘樹
タナカカツキ
ネルホル
Junichi
NA2ME
菱沼彩子
ten_do_ten
田名部敏文
長谷川踏太(tomato)
牧鉄兵
広岡毅
松本弦人
鴻池朋子
相馬章宏(concorde)
福井利佐
MUSTONE

料金:一般300円 学生200円 小学生以下無料
※第2会場は入場無料
※会期中無休
主催:パルコ/手塚プロダクション
企画・制作: ガスアズインターフェイス
会場デザイン:トリコデザアイン研究所

問い合わせ:パルコファクトリー 03-3477-5873

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 手塚治虫作品から感じる光を闇を稲葉英樹、鴻池朋子、グルーヴィジョンズらが表現

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて