「秀英体」生誕100年を記念、豪華デザイナー陣参加の企画展がgggで開催

現代まで愛用されている大日本印刷(DNP)のオリジナル書体「秀英体」の生誕100年を記念した企画展『秀英体100』が、2011年1月11日から東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で開催される。

秀英体は、1912年の誕生以来、築地体と共に「明朝活字の二大潮流」として、その後の和文書体に大きな影響を与えてきた書体。今回の企画展は、DNPが創業当時から引き継いできた文化資産である秀英体の魅力を紹介するものだ。

同展では、秀英体の魅力を伝えるべく、24人+1組のグラフィックデザイナーが秀英体のリニューアルプロジェクト「平成の大改刻」で開発された秀英初号明朝や秀英明朝、現在開発中の秀英角ゴシック&丸ゴシックを使った新作ポスターを発表。また、書籍、広告など、様々な作品、さらに開発資料などを通して紹介。活版印刷からデジタル活用まで、時代とともに大きく変化してきた秀英体の100年を振り返る。

今回の催しは秀英体の初企画展であり、常に最前線で使われ続けるその文化資産の魅力に触れる絶好の機会となっている。なお、会期中にはギャラリートークなどのイベントも開催される予定だ。


ギンザ・グラフィック・ギャラリー第294回企画展
『秀英体100』

2011年1月11日(火)~1月31日(月)
会場:東京都 銀座 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
時間:11:00~19:00(土曜日は18:00まで)

出展作家:
浅葉克己
井上嗣也
葛西薫
勝井三雄
佐藤晃一
佐野研二郎
澁谷克彦
杉浦康平
杉崎真之助
祖父江慎
高橋善丸
立花文穂
永井一正
中島英樹
長嶋りかこ
仲條正義
中村至男
南部俊安
服部一成
原研哉
平野敬子
平野甲賀
松永真
三木健
コントラプンクト(デンマーク)

休館日:日曜、祝祭日
料金:無料

大日本タイポ組合presents
『文字 Talk3.0』

2010年12月23日(木・祝)19:00~20:00
会場:東京都 銀座アップルストア
出演:
大日本タイポ組合
佐々木愛(DNP秀英体開発室)

『オープニングパーティー』

2011年1月11日(火)17:30~19:00
会場:東京都 ギンザ・グラフィック・ギャラリー

『ギャラリートーク』

2011年1月12日(水)18:30~20:00
会場:東京都 DNP銀座ホール3階ホール
出演:
港千尋(写真家・多摩美術大学教授)
大日本タイポ組合
定員:70名(要予約)
料金:無料

秀英体展示見学&トークショー
『秀英体、平成の大改刻の道のり』

2011年1月18日(火)17:00~19:30
会場:東京都 DNP五反田ビル1階ホール
主演:
片塩二郎(朗文堂)
鳥海修(字游工房)
石岡俊明(リョービイマジクス)
司会進行:伊藤正樹(DNP秀英体開発室)
定員:70名(要予約)
料金:無料<

『秀英体100~書体に目覚める読書~』

2011年1月11日(火)~2月15日(火)
会場:東京都 ジュンク堂書店池袋本店
※ジュンク堂で開催されるフェアです

『トークセッション』

2011年2月5日(土)19:00~20:30
会場:東京都 ジュンク堂書店池袋本店4階喫茶
出演:
祖父江慎
佐々木愛(DNP秀英体開発室)
料金:1,000円(ドリンク付)
※既に予約受付は終了

(画像上:活版原字、画像中:©石田衣良「美丘」/角川書店、画像下:©Kazumasa Nagai)

  • HOME
  • Art,Design
  • 「秀英体」生誕100年を記念、豪華デザイナー陣参加の企画展がgggで開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて