ニュース

森美術館で行われる3年に1度の展覧会『六本木クロッシング2010展』

日本のアートシーンの「明日」を見渡すべく、多様なジャンルのアーティストやクリエイターを紹介する展覧会『六本木クロッシング2010展』が、3月20日から東京・六本木の森美術館で開催される。

2004年にスタートし、3年に1度開催されている同展は、毎回異なるキュレーターが選出したその時代を代表する作品が交差(クロッシング)する、定点観測的な展覧会だ。3回目となる今回は、長いキャリアを持つアーティストから若手注目株まで、Chim↑Pom、高嶺格、宇治野宗輝、contact Gonzo、森村泰昌、ダムタイプなど20組のアーティストが写真、彫刻、インスタレーション、映像、グラフィティ・アート、パフォーマンスなど様々な形で参加する。

現代社会のなかのさまざまな問題を描くアートや、私たちの日常があるストリートを舞台とする創作活動、そして新しい美学の誕生を予感させる新世代の表現などを通して、「芸術は可能か?」というテーマのもと、シャープでエネルギーに溢れ、力強く明日に挑む日本のアートの「今」を紹介する。

また同展は、六本木の街を多様なアートで彩る『六本木アートナイト2010』のプログラムとして3月27日は翌朝6:00までオールナイト開館。そして3月27日深夜にかけては、同展参加の宇治野宗輝とcontact Gonzo、鈴木ヒラクとゲストのShing02によるパフォーマンスも行う。なお、3月27日24:00から翌朝6:00までは入館料が500円となる。

『六本木クロッシング2010展』

2010年3月20日(土)~7月4日(日)
会場:森美術館(東京・六本木)
時間:10:00~22:00(入館は閉館時間の30分前まで、火曜のみ17:00まで、但し5月4日は22:00まで)

参加作家:
相川勝
青山悟
雨宮庸介
宇治野宗輝
加藤翼
小金沢健人
contact Gonzo
志賀理江子
鈴木ヒラク
高嶺格
ダムタイプ
Chim↑Pom
照屋勇賢
HITOTZUKI(Kami+Sasu)
森村泰昌
八幡亜樹
横溝静
米田知子
ログズギャラリー

休館日:会期中無休
料金:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子供(4歳~中学生)500円

関連イベント

『クロストーク2010』

2010年3月27日(土)
会場:アカデミーヒルズ40 キャラントB
時間:14:00~17:00
料金:一般1,000円

『鈴木ヒラク+Shing02によるパフォーマンスとライヴ・ペインティング』

2010年3月27日(土)
出演:
鈴木ヒラク
Shing02(MC)
※時間、会場、料金未定

『宇治野宗輝+contact Gonzoによるパフォーマンス』

2010年3月27日(土)
会場:森美術館展示室内
出演:宇治野宗輝、contact Gonzo
料金:無料(要展覧会チケット)

『六本木アートナイト2010』

2010年3月27日(土)10:00~3月28日(日)18:00
※コアタイム3月27日17:58(日没)~3月28日5:34(日の出)
会場:
六本木ヒルズ
森美術館
東京ミッドタウン
サントリー美術館
21_21 DESIGN SIGHT
国立新美術館
六本木商店街
その他六本木地区の協力施設や公共スペース

(画像上:照屋勇賢 《告知―森》 2005年 紙袋、糊 18 cm×8 cm×28 cm ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、ニューヨーク、画像中:宇治野宗輝 《THE BALLAD OF BACKYARD》 2008年 木製家具、家電機器、ミクスト・メディア サイズ可変 Photo: Koo、画像下:青山 悟 《Glitter Pieces #1》 2008年 ポリエステルにメタリック糸と黒糸で刺繍 17.4×23.2cm 個人蔵 Photo: Miyajima Kei Courtesy: Mizuma Art Gallery, Tokyo)

照屋勇賢 《告知―森》 2005年 紙袋、糊 18 cm×8 cm×28 cm ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、ニューヨーク
照屋勇賢 《告知―森》 2005年 紙袋、糊 18 cm×8 cm×28 cm ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、ニューヨーク
宇治野宗輝 《THE BALLAD OF BACKYARD》 2008年 木製家具、家電機器、ミクスト・メディア サイズ可変 Photo: Koo
宇治野宗輝 《THE BALLAD OF BACKYARD》 2008年 木製家具、家電機器、ミクスト・メディア サイズ可変 Photo: Koo
青山 悟 《Glitter Pieces #1》 2008年 ポリエステルにメタリック糸と黒糸で刺繍 17.4×23.2cm 個人蔵 Photo: Miyajima Kei Courtesy: Mizuma Art Gallery, Tokyo
青山 悟 《Glitter Pieces #1》 2008年 ポリエステルにメタリック糸と黒糸で刺繍 17.4×23.2cm 個人蔵 Photo: Miyajima Kei Courtesy: Mizuma Art Gallery, Tokyo
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ