ニュース

ポラロイドフィルムの魅力に126名の作品で迫る展覧会『126 POLAROID』

2009年に惜しまれながら製造中止となったが、再生産が決定したポラロイドフィルムをテーマとする『126 POLAROID −さよならからの出会い−』展が、横浜美術館アートギャラリー1で8月29日まで開催されている。

本展は、ポラロイドフィルムの製造および販売中止の発表をきっかけに、多摩美術大学が発案したプロジェクト。荒木経惟、杉本博司、港千尋、森山大道、萩原朔美、藤代冥砂、若木信吾ら日本を代表する写真家、美術家、研究者、学生など、ポラロイドフィルムに特別な想いを抱く総勢126名によるポラロイド写真と、横浜美術館所蔵の大判ポラロイド写真18点を特別展示し、一時代を築いた「ポラロイド」というメディアを再考する。さらに、ポラロイドフィルムアーティストとして知られるマウリッツオ・ガリンベルティによる、Lady GAGAをモデルに撮影したポラロイドモザイク写真も特別公開される。

本展の発起人である萩原は「ポラロイドフィルム独特のボリュウム感、淡い色彩、画像出現の期待時間、掌サイズ、書き込み自由な白い額縁、メカニカルなシャッター音、夢の中のような解像度、可愛いいぼけ味、加工可能なフィルムベースなどに強い愛着を感じる人が多く、沢山のかたの参加を得ました。沢山のかたに足を運んでいただき、ポラロイドフィルムの多様な表現とその魅力を知ってもらいたいと思います。」と語る。過去に類を見ない規模の、ポラロイドフィルムが創り出すクリエイティブ・デモクラシーを体現した写真展だ。

なお、本展で展示された作家のうち、掲載許可がおりた作品を中心に写真展と同名称の写真集も会期内に出版が予定されている。

『126 POLAROID −さよならからの出会い−』展

2010年8月7日(土)~2010年8月29日(日)
会場:横浜美術館アートギャラリー1
時間:10:00~18:00(入場は閉館30分前まで、企画展開催中の金曜は20:00まで)
休館日:木曜
入場料:無料

特別展示

後期(2010年8月20日(金)~2010年8月29日(日))
池田満寿夫『捕らえられたヌード』
石内都『同級生 横須賀市立第二高校39年度卒業3年B組』
植田正治『草原の発見』
川田喜久治『旗色』
操上和美『Possession』
田原桂一『作品1984・12』
内藤正敏『出羽三山の宇宙』
深瀬昌久『遊戯』
藤原新也『通行人』
※作品は、9作品ずつ2期に分けて展示

(画像上:森山大道《bye bye POLAROID》、画像中:若木信吾《San Francisco》、画像下:藤代冥砂《プリウスからのシーン》)

森山大道《bye bye POLAROID》
森山大道《bye bye POLAROID》
若木信吾《San Francisco》
若木信吾《San Francisco》
藤代冥砂《プリウスからのシーン》
藤代冥砂《プリウスからのシーン》
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談