ニュース

三宅一生がデザインから創造の可能性を探る『REALITY LAB――再生・再創造』展

三宅一生が展覧会ディレクターを務める『REALITY LAB ―― 再生・再創造』展が、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで11月16日から開催される。

創意工夫や優れた技術力、職人の力、さらには美意識と手作業の両立により、世界に誇るクオリティを確立してきた日本の「ものづくり」。しかしそんな日本の製造も、現場でのコスト削減や、優れた人材の流出や産地の弱体化、深刻な地球環境や資源の課題に直面し、大きな変化が起きている。こうした課題に対してデザインができることは何なのだろうか。

同展は、未来を見据え、現実化していくデザインのあり方や可能性について、分野を越えて共に考えていくもの。1970年代より産地や各地の工場を訪ね、活気ある現場との関係を築いてきたデザイナーの三宅一生が、これまでに出会い考えを語りあってきたデザイナーやアーティスト、科学者や企業による作品とともに、ものづくりの未来に向けたメッセージを新たに提示する。また、アートディレクションは、サントリー、西武百貨店、ミサワホーム等数々の広告を手がける浅葉克己が務める。

「『再生、再創造』をキーワードに、『現実をつくるデザイン活動』とは何かを考え、日本からさらに世界に発信していきたい」と語る三宅の視点から、生命力溢れる「創造の可能性」を探る。

『REALITY LAB--再生・再創造』

2010年11月16日(火)~12月26日(日)
会場:東京 赤坂 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
休館日:11月30日(火)、12月14日(火)
展覧会ディレクター:三宅一生
アートディレクション:浅葉克己
企画協力:川上典李子
料金:一般1,000円 大学生800円 中高生500円 小学生以下無料

関連イベント

※プログラムの日程、出演者及び予約開始の日程は変更することがございます
※会期中は他にも様々なプログラムを予定しています。関連プログラム詳細は随時ウェブサイトにてお知らせいたします

トーク
『BEYOND RECYCLE』

2010年11月23日(火・祝)
会場:東京都 赤坂 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
時間:14:00~15:30
出演:伊勢谷友介(REBIRTH PROJECT)
※要予約、詳細はウェブサイト参照

『スペシャルトーク』

2010年11月28日(日)
会場:東京都 港区 東京ミッドタウンホール・ホール A
時間:14:00~16:00
出演:
三宅一生
浅葉克己
松井孝典
※要予約、ウェブサイトにて予約受付中

ワークショップ
『立体折り紙でクリスマスオーナメントをつくろう!』

2010年12月5日(日)
会場:東京 赤坂 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
時間:14:00~15:30
講師:三谷純
※要予約、詳細はウェブサイトにて

『川上典李子によるギャラリーツアー』

2010年11月25日(木)、12月2日(木)、12月9日(木)
会場:東京 赤坂 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
時間:18:30~19:30
講師:川上典李子(21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)

『Reality Lab Project Teamによるプレゼンテーション』

毎週土曜日
時間:14:00~ / 16:00~(各回約30分)
出演:Reality Lab Project Team

(画像上:展覧会ポスター Design:Katsumi Asaba、画像中:三宅一生+Reality Lab Project Team 「IN-EI ISSEY MIYAKE」 照明 写真:岩崎 寛、画像下:岩崎 寛「CAS-01」 写真)

展覧会ポスター Design:Katsumi Asaba
展覧会ポスター Design:Katsumi Asaba
三宅一生+Reality Lab Project Team 「IN-EI ISSEY MIYAKE」 照明 写真:岩崎 寛
三宅一生+Reality Lab Project Team 「IN-EI ISSEY MIYAKE」 照明 写真:岩崎 寛
岩崎 寛「CAS-01」 写真
岩崎 寛「CAS-01」 写真
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年