ニュース

渋谷慶一郎、HIFANA×真鍋大度、山川冬樹ら集うクリエイティブの最前線フェス

ジャンル横断型のパフォーマンス・フェスティバル『HARAJUKU PERFORMANCE+2010』が、12月22日と23日の2日間にわたって東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催される。

ダンス、音楽、演劇、アートなど、既成のジャンルや従来の概念にとらわれない新機軸のラインナップで、常にクリエイティブシーンの最前線を紹介してきた同イベント。

4回目の開催となる今年は「イノベーティブ」をテーマに、革新的な表現を創出するアーティスト10組を招集。「メディアアートのアカデミー賞」とも言われる『アルスエレクトロニカ2010』デジタルミュージック部門において最優秀賞を受賞した黒川良一や、ランニングシューズ「NIKE FREE RUN+」を楽器に改造し演奏するという斬新でユニークなパフォーマンスを披露したHIFANAとDaito MANABE(真鍋大度)、『文化庁メディア芸術祭』アート部門で優秀賞を受賞した和田永によるOpen Reel Ensemble & Braun Tube Projectなど、実力派から気鋭まで様々なアーティストが出演する。

ラインナップには、最新のテクノロジーを使用したアーティストと、あくまでプリミティブな表現にこだわるアーティストが混在。ハイテク&ローテク、デジタル&アナログ、アドバンスド&プリミティブなど、渾然一体化した表現活動が盛り上がりを見せているシーンの潮流にいち早く焦点を当てる。カルチャーの先端を見たい人にはうってつけのイベントだろう。

チケットは明日11月16日から一般発売スタート。

『HARAJUKU PERFORMANCE+2010』

2010年12月22日(水)、12月23日(木・祝)
会場:東京都 ラフォーレミュージアム原宿

12月22日出演者:
HIFANA×Daito MANABE+Motoi ISHIBASHI
Open Reel Ensemble × Braun Tube Project
山川冬樹
AOKI takamasa
野宮真貴

12月23日出演者:
Steve Jansen × 伊瀬聖子
渋谷慶一郎×池上高志
黒川良一
SHIMURABROS.
蓮沼執太

料金:前売3,500円 当日4,000円

(画像上:渋谷慶一郎、画像中:黒川良一、画像下:山川冬樹)

渋谷慶一郎
渋谷慶一郎
黒川良一
黒川良一
山川冬樹
山川冬樹
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年