ニュース

現代アートのワークショップ三昧、『横トリ』連携企画『あざみ野 Workshop Week』

現代アートの様々なワークショップが用意されたプログラム『横浜wo発掘suru vol.2 あざみ野 Workshop Week』が、6月25日から神奈川・横浜市民ギャラリーあざみ野で開催される。

同プログラムは、今年8月に横浜で開催を予定している現代アートの国際展『ヨコハマトリエンナーレ2011』の連携プログラムとして開催されるもの。子どもから大人まで年齢を問わず現代アートを楽しめるワークショップが用意されており、入場、参加ともに無料となっている。

『ヨコハマトリエンナーレ2011』に参加が決定している若手アーティスト・八木良太によるワークショップ『音楽の漬け物』は、家に眠っているレコードやカセットテープ、CDを各自持ち寄り、交換や解体を行って音楽の実験をするというもの。マスキングテープとマジックペンを用いた作品で知られる淺井裕介による『テープ森をつくろう』では、淺井と参加者との共同制作を行い、屋内外のテープの貼れる様々な場所へ木や花、動物を描いていく。

ほかにも、振付家・山下残による全身を使って物と言葉の関係に迫るダンスワークショップ『相手がいるから私がしゃべる』、個性的な帽子を手作りできる自由参加のワークショップ『アートハット』などを予定。さらに『ヨコハマトリエンナーレ2011』総合ディレクターで横浜美術館館長の逢坂恵理子が、現代美術の動向やトリエンナーレについて語るプログラムなども行われる。事前申込が必要なワークショップもあるため、興味のある人は早めにチェックしよう。

横浜wo発掘suru vol.2 ヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラム
『現代アートを体験しよう あざみ野 Workshop Week』

2011年6月25日(土)~7月3日(日)
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野
時間:10:00~16:00(平日)、10:00~17:00(土日)
休館日:6月27日

アート屋台
『アートハット』

2011年6月25日(土)~7月3日(日)11:00~15:00
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
※事前申込不要

淺井裕介ワークショップ
『テープ森をつくろう』

2011年6月25日(土)10:00~16:00頃
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
定員:40名程度(応募多数の場合抽選)
対象:中学生から大人
申込締切: 6月15日必着

八木良太ワークショップ
『音楽の漬け物』

2011年6月26日(日)13:30~16:30
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
定員:20名(応募多数の場合抽選)
対象:中学生から大人
申込締切: 6月16日必着

『ヨコハマトリエンナーレ2011総合ディレクターに聞く!現代美術のあれこれ』

2011年7月2日(土)13:30~15:30
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野 3階アトリエ
講師:逢坂恵理子
定員:40名程度(応募多数の場合抽選)
対象:高校生以上
申込締切: 6月18日必着

山下残ワークショップ
『相手がいるから私がしゃべる』

2011年7月3日(日)13:30~16:30
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
定員:20名程度(応募多数の場合抽選)
対象:中学生から大人
申込締切: 6月23日必着

(画像上から:『現代アートを体験しよう あざみ野 Workshop Week』イメージ、淺井裕介「テープ森をつくろう」(ワークショップイメージ)、八木良太 《Sound Sphere》 2011年、「ヨコハマトリエンナーレ2011」出品作家 ヘンリック・ホーカンソン《Fallen Forest》2006年 パレ・ド・トーキョー(パリ)での展示風景 Courtesy Galleria Franco Noero, Turin、アート屋台「アート・ハット」(ワークショップイメージ))

『現代アートを体験しよう あざみ野 Workshop Week』イメージ
『現代アートを体験しよう あざみ野 Workshop Week』イメージ
淺井裕介「テープ森をつくろう」(ワークショップイメージ)
淺井裕介「テープ森をつくろう」(ワークショップイメージ)
八木良太 《Sound Sphere》 2011年
八木良太 《Sound Sphere》 2011年
「ヨコハマトリエンナーレ2011」出品作家 ヘンリック・ホーカンソン《Fallen Forest》2006年 パレ・ド・トーキョー(パリ)での展示風景 Courtesy Galleria Franco Noero, Turin
「ヨコハマトリエンナーレ2011」出品作家 ヘンリック・ホーカンソン《Fallen Forest》2006年 パレ・ド・トーキョー(パリ)での展示風景 Courtesy Galleria Franco Noero, Turin
アート屋台「アート・ハット」(ワークショップイメージ)
アート屋台「アート・ハット」(ワークショップイメージ)
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る