夜の美術館が舞台、14日連続の入場無料パフォーマンス企画『14の夕べ』に多彩な顔ぶれ

夜の美術館が舞台のパフォーマンス企画『14の夕べ』が、東京・竹橋の東京国立近代美術館で8月26日から9月8日までの14日間にわたって開催される。

東京国立近代美術館60周年企画となる『14の夕べ』には、美術やダンス、音楽、演劇、朗読など多彩なジャンルの第一線で活躍するアーティストたちが連日出演。普段は企画展が行われる約1,500平方メートルのギャラリーを舞台に、日替わりで一夜限りのパフォーマンスを繰り広げる。観覧は無料、ラウンジに変身したエントランスホールでフードやアルコールを含むドリンク類も楽しめる。

出演者は、朗読で参加する谷川俊太郎と古川日出男、福永信をはじめ、大友良英 one day ensemblesやcore of bells、小杉武久(ex.タージ・マハル旅行団)、No Collectiveといったミュージシャン、さらにダンサーで振付家の神村恵や手塚夏子、美術作家の奥村雄樹、小林耕平、高嶋晋一、橋本聡、演劇からは劇団「東京デスロック」と演出家で映像作家の村川拓也が参加する。なお、最終日となる9月8日の出演者は後日発表される。

東京国立近代美術館60周年企画
『14の夕べ』

2012年8月26日(日)~9月8日(土)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)
時間:メインプログラムは20:00から1~2時間を予定(17:00開場)

8月26日出演:東京デスロック
8月27日出演:古川日出男、福永信、谷川俊太郎
8月28日出演:奥村雄樹
8月29日出演:No Collective
8月30日出演:手塚夏子
8月31日出演:高嶋晋一
9月1日出演:小杉武久
9月2日出演:大友良英 one day ensembles
9月3日出演:神村恵カンパニー
9月4日出演:core of bells
9月5日出演:小林耕平
9月6日出演:村川拓也
9月7日出演:橋本聡
9月8日出演:後日発表

料金:無料(事前申込不要)

(画像:東京国立近代美術館(本館)外観夜の写真 Photo:上野則宏)

  • HOME
  • Life&Society
  • 夜の美術館が舞台、14日連続の入場無料パフォーマンス企画『14の夕べ』に多彩な顔ぶれ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて