向井秀徳、久保ミツロウ、渋谷慶一郎ら11組に死生観問う書籍『何歳まで生きますか?』

クリエイターたちの死生観を探る書籍『何歳まで生きますか?』が、12月21日に刊行された。

ウェブマガジン「modern fart」の連載に加筆した同書は、現在30、40代のクリエイターに「何歳まで生きますか?」と問いかけ、彼らの生き方や作家性、人生観などに迫ったインタビュー集。インタビューに登場するのは、ミュージシャンの二階堂和美、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、渋谷慶一郎、漫画家の久保ミツロウ、真鍋昌平、写真家の金子平民、映画監督の入江悠、ドキュメンタリー作家の石井光太、ライターの雨宮まみ、思想家の東浩紀、著書『ニートの歩き方』でも知られるphaの11組となる。

著者は雑誌『TV Bros.』の編集にも携わる編集者・ライターの前田隆弘。同書について前田が語る音源も公開中のウェブサイト「デジオ 何歳まで生きますか?」も開設されている。

『何歳まで生きますか?』

2012年12月21日発売
著者:前田隆弘
価格:1,575円(税込)
発行:PARCO出版

amazonで購入する

(画像:『何歳まで生きますか?』表紙)

  • HOME
  • Book
  • 向井秀徳、久保ミツロウ、渋谷慶一郎ら11組に死生観問う書籍『何歳まで生きますか?』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて