ニュース

映像表現の豊かな可能性を探る15日間『第4回 恵比寿映像祭 映像のフィジカル』

映像の多様な可能性を探るイベント『第4回 恵比寿映像祭 映像のフィジカル』が、2月10日から2月26日まで東京・恵比寿の東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、ザ・ガーデンルームほか恵比寿周辺で開催される。

「映像とは何か」という問いに対する答えをテーマに掲げ、2009年から開催されている同フェスティバル。「映像のフィジカル」がテーマの今回は、映像作品を制作するということが身体や社会、環境、ハードウェア、メディア、流通やエネルギーといった物質的な要件に依存していることに着目し、映像表現を物質性や身体性の視点から捉え直す。

同フェスティバルでは、サラ・モリス、伊藤隆介、大木裕之らの展示のほか、ジョナス・メカス、マーク・ルイス、イム・ミヌク、青山真治、塩田明彦、中野裕之、冨永昌敬、河瀬直美、ウィスット・ポンニミット、高嶺格、トニー・コンラッド、真利子哲也といった国内外の作家による映像作品も上映。無声映画の名作をジム・オルークのライブ演奏による音楽と共に堪能できる特別上映プログラムも行われる。

また、和田永(Open Reel Ensemble、Braun Tube Jazz Band)、evala、ドラびでお、Typingmonkeys、エキソニモらによるライブパフォーマンスや、ラウンジトーク、レクチャー、映像アーカイブを巡るシンポジウムなども開催。さらに、NADiff a/p/a/r/tやG/P galleryなど恵比寿エリアの15施設が参加する共催企画「地域連携プログラム」では、イベントテーマとゆるやかに結びついた各施設独自の企画が展開される。

『第4回 恵比寿映像祭 映像のフィジカル』

2012年2月10日(金)~2月26日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、ザ・ガーデンルームほか
時間:10:00~20:00(2月26日のみ18:00まで)
休館日:月曜

展示出品作家:
マライケ・ファン・ヴァルメルダム
ユリウス・フォン・ビスマルク
前沢知子
ヨハン・ルーフ
伊藤隆介
カロリン・ツニッス
ブラム・スナイダ―ス
スッティラット・スパパリンヤ
東京シネマ
ユェン・グァンミン
ウィリアム・ケントリッジ
ヂョン・ヨンドゥ
鈴木了二
サラ・モリス
大木裕之

上映出品作家:
ジェド・ラップフォーゲル
ジョナス・メカス
ピップ・チョードロフ
アンドリュー・ロッシ
カート・モーガン
マーク・ルイス
ヂョン・ヨンドゥ
イム・ミヌク
チェ・ワンジュン
ク・ドンヒ
ナム・ファーヨン
ヤン・ヘギュ
大木裕之
川瀬慈
分藤大翼
ジム・オルーク
ウォルター・デ・マリア
トニー・コンラッド
アーニー・ゲア
カーク・トーガス
鈴木了二
七里圭
ハインツ・エミグホルツ
冨永昌敬
ベン・リヴァース
前田真二郎
高嶺格
池田泰教
齋藤正和
上峯敬
宇田敦子
マトロン
高尾俊介
有川滋男
石川多摩川
木村悟之
崟利子
西村知巳
本間無量
鈴木光
陳維錚
林勇気
松島俊介
宮本博史
安野太郎
若見ありさ
菅原睦子
阿部理沙
生田尚久
井上剛
今泉力哉
入江悠
ウィスット・ポンニミット
岡田まり
甲斐田祐輔
片岡翔
加藤直輝
河瀬直美
境千慧子
佐々木健太
佐藤央
佐藤良祐
塩田明彦
志子田勇
篠原哲雄
鈴木太一
鈴木卓爾
瀬田なつき
タカハタ秀太
田中博之
田中羊一
田中要次
田平衛史
遠竹真寛
外山光男
内藤瑛亮
中野裕之
朴美和
濱口竜介
日原進太郎
日向朝子
平林勇
堀江慶
真利子哲也
守屋文雄
山下敦弘
和島香太郎
青山真治
酒井耕
ヴィクトル・シェーストレム

シンポジウム、レクチャー、ラウンジトークゲスト:
レベッカ・クレマン
ジェド・ラップフォーゲル
松本圭二
青山真治
長嶌寛幸
松井茂
菅原睦子
富永昌敬
鈴木卓爾
中谷礼仁
鈴木了二
七里圭
中谷礼仁
岡田一男
岡田秀則
津田広志(地域連携プログラム)
岡本健(地域連携プログラム)

ライブ:
和田永
DJピロピロa.k.a.大木裕之
シニギワ(松井茂、長嶌寛幸)
Typingmonkeys(平川紀道、野口久美子)
evala
ドラびでお

オフサイトプロジェクト出品作家:エキソニモ

料金:無料(定員のある上映、イベントは有料)

(画像上から:『第4回 恵比寿映像祭 映像のフィジカル』フライヤー、マーク・ルイス《バックストーリー》2009/39分、チョン・ヨンドゥ《シックス・ポインツ》 2010/作家蔵 シングルチャンネル・ヴィデオ(HD) 協力:ティナ・キム・ギャラリー、ニューヨーク、サラ・モリス《線上の各点》2010 シングルチャンネル・ヴィデオ(HD、カラー、サウンド) 協力:フリードリッヒ・ペッツェル・ギャラリー、ニューヨーク、ジム・オルーク [「映像体験のフィジカリティ スペシャル・ライヴ上映feat.ジム・オルーク」[参考図版])

『第4回 恵比寿映像祭 映像のフィジカル』フライヤー
『第4回 恵比寿映像祭 映像のフィジカル』フライヤー
マーク・ルイス《バックストーリー》2009/39分
マーク・ルイス《バックストーリー》2009/39分
チョン・ヨンドゥ《シックス・ポインツ》 2010/作家蔵 シングルチャンネル・ヴィデオ(HD) 協力:ティナ・キム・ギャラリー、ニューヨーク
チョン・ヨンドゥ《シックス・ポインツ》 2010/作家蔵 シングルチャンネル・ヴィデオ(HD) 協力:ティナ・キム・ギャラリー、ニューヨーク
サラ・モリス《線上の各点》2010 シングルチャンネル・ヴィデオ(HD、カラー、サウンド) 協力:フリードリッヒ・ペッツェル・ギャラリー、ニューヨーク
サラ・モリス《線上の各点》2010 シングルチャンネル・ヴィデオ(HD、カラー、サウンド) 協力:フリードリッヒ・ペッツェル・ギャラリー、ニューヨーク
ジム・オルーク [「映像体験のフィジカリティ スペシャル・ライヴ上映feat.ジム・オルーク」[参考図版]
ジム・オルーク [「映像体験のフィジカリティ スペシャル・ライヴ上映feat.ジム・オルーク」[参考図版]
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)