『RSR』第4弾発表でレキシ、後藤正文、ハナレグミ、MISIAら18組追加&日割り発表

8月16日と17日に北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで開催される野外音楽フェスティバル『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』の第4弾出演者が発表された。

今回発表されたのは、16日に出演するEGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX、クリープハイプ、グループ魂、ZEPPET STORE、仲井戸“CHABO”麗市 Friday Night Session、BO NINGEN、Mountain Mocha Kilimanjaro、17日に出演する岩崎愛、UGUISS、梅津和時KIKI BAND、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、Jake stone garage、白A、ハナレグミ、The Flickers、MISIA、LITE、レキシの18組。なお、EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX、グループ魂、Mountain Mocha Kilimanjaroの3組は2日間通し券を持っている人のみ楽しめる「for CAMPERS」枠での出演となる。

また、出演者の日割りもあわせて発表されたので、こちらもチェックしてみよう。チケット一般発売は6月1日からスタート。

イベント情報

『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』

2013年8月16日(金)OPEN 10:00 / START 15:00 / END 23:00(予定)
2013年8月17日(土)OPEN 10:00 / START 12:30 / END 5:00(予定)
会場:北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
8月16日出演:
Amazarashi
安藤裕子
稲川淳二(for CAMPERS)
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX(for CAMPERS)
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
大橋トリオ
奥田民生
踊ろうマチルダ
完熟トリオ(小坂忠、鈴木茂、中野督夫)
KINGDOM☆AFROCKS(for CAMPERS)
クリープハイプ
グループ魂(for CAMPERS)
THE COLLECTORS
斎藤有太 solo×solo
SiM
ZEPPET STORE
Chara
10-FEET
DOES
怒髪天RSR石狩鍋Special
tricot
仲井戸“CHABO”麗市 Friday Night Session
Nothing's Carved In Stone
the HIATUS
→Pia-no-jaC←
the pillows
FUZZY CONTROL
Base Ball Bear
BO NINGEN
Mountain Mocha Kilimanjaro(for CAMPERS)
宮沢和史&TRICERATOPS
RIZE(for CAMPERS)
and more
8月17日出演:
アルカラ
岩崎愛
UGUISS
梅津和時KIKI BAND
エマーソン北村
快速東京
キセル
ギターウルフ
奇妙礼太郎
group_inou
くるり
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
ゴンチチ
ZAZEN BOYS
サンボマスター
THEATRE BROOK(THE SOLAR BUDOKAN IN EZO)
Jake stone garage
白A
SCOOBIE DO
cero
Char
チャラン・ポ・ランタン
東京スカパラダイスオーケストラ
NUBO
The Birthday
back number
ハナレグミ
ハルカトミユキ
バンバンバザール
The Flickers
細野晴臣
WHITE ASH
マキシマム ザ ホルモン
真心ブラザーズ
MISIA
MONGOL800
YOUR SONG IS GOOD
LITE
0.8秒と衝撃。
レキシ
locofrank
TONE PARK
and more
料金:
8月16日券9,000円
8月17日券12,500円
2日間通し券18,000円
HEAVEN'Sテントサイト付き2日間通し券21,000円
FORESTテントサイト付き2日間通し券21,000円
オートキャンプ付き2日間通し券30,000円
会場内駐車券3,000円
会場外駐車券2,000円
片道バス券600円

(画像:『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』ロゴ)

  • HOME
  • Music
  • 『RSR』第4弾発表でレキシ、後藤正文、ハナレグミ、MISIAら18組追加&日割り発表

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて