ニュース

第148回『芥川賞』&『直木賞』候補作が発表、舞城王太郎が4度目の芥川賞候補に

『第148回芥川龍之介賞』候補作品と『第148回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

芥川賞候補は、小野正嗣『獅子渡り鼻』(『群像』11月号)、北野道夫『関東平野』(『文學界』9月号)、黒田夏子『abさんご』(『早稲田文学』5号)、高尾長良『肉骨茶』(『新潮』11月号)、舞城王太郎『美味しいシャワーヘッド』(『新潮』8月号)の5作品。なお、舞城は4度目のノミネートとなるほか、1937年生まれの黒田夏子は受賞すると史上最高齢となる。

直木賞候補は、朝井リョウ『何者』(新潮社)、安部龍太郎『等伯』(日本経済新聞出版社)、有川浩『空飛ぶ広報室』(幻冬舎)、伊東潤『国を蹴った男』(講談社)、志川節子『春はそこまで 風待ち小路の人々』(文藝春秋)、西加奈子『ふくわらい』(朝日新聞出版)の6作品。

選考会は1月16日17:00から東京・築地の新喜楽で開催。なお、選考会の終了時に行われる事実上の結果発表となる紙の張り出しや、受賞者による記者会見が同日の18:00からニコニコ生放送で中継される。

『第148回芥川賞』候補作品

・小野正嗣『獅子渡り鼻』(『群像』11月号)
・北野道夫『関東平野』(『文學界』9月号)
・黒田夏子『abさんご』(『早稲田文学』5号)
・高尾長良『肉骨茶』(『新潮』11月号)
・舞城王太郎『美味しいシャワーヘッド』(『新潮』8月号)

『第148回直木賞』候補作品

・朝井リョウ『何者』(新潮社)
・安部龍太郎『等伯』(日本経済新聞出版社)
・有川浩『空飛ぶ広報室』(幻冬舎)
・伊東潤『国を蹴った男』(講談社)
・志川節子『春はそこまで 風待ち小路の人々』(文藝春秋)
・西加奈子『ふくわらい』(朝日新聞出版)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル