ニュース

『coyote』文芸フェス特集号でクッツェー×オースター書簡や谷川俊太郎×川内倫子も

大型文芸イベント『TOKYO INTERNATIONAL LITERARY FESTIVAL 東京国際文芸フェスティバル 2013』とコラボレートした雑誌『coyote 特別編集号2013:TOKYO LITERARY CITY』が、5月25日に発売された。

3月に東京都内の各所で行われた『TOKYO INTERNATIONAL LITERARY FESTIVAL 東京国際文芸フェスティバル 2013』は、国内外から作家や編集者、ブックデザイナー、翻訳家らが集まり、様々なテーマで語りあったイベント。同誌では、イベント出演者を中心に、池澤夏樹、川上未映子、柴田元幸、東浩紀、幅允孝、中西玲人、都甲幸治、角田光代、古川日出男、綿矢りさ、ジュノ・ディアス、平野啓一郎、浦沢直樹、円城塔、ジョナサン・サフラン・フォア、デイヴィッド・ピースらのインタビューや対談、鼎談などが掲載されている。

また、谷川俊太郎が書き下ろした詩『東京』に川内倫子の写真を添えた記事や、村上春樹作品のアメリカ版書籍の装丁を担当しているブックデザイナーのチップ・キッドをフィーチャーした記事、J・M・クッツェーとポール・オースターの往復書簡集『Here and Now』の抄訳など、様々な切り口から世界の文学事情を伝える内容になっている。

書籍情報

『coyote 特別編集号2013:TOKYO LITERARY CITY』

2013年5月25日発売
価格:1,000円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

古川日出男
南無ロックンロール二十一部経(特典付き)

価格:2,520円(税込)
構想・執筆 10 年、小説家デビュー15 周年となる超大作!
CINRA.STORE限定特典:『古川日出男 × 後藤正文 トーク&ライブセッション』ご招待抽選券付き。

CINRA STOREで購入する

(画像:『coyote 特別編集号2013:TOKYO LITERARY CITY』表紙)

『coyote 特別編集号2013:TOKYO LITERARY CITY』表紙
『coyote 特別編集号2013:TOKYO LITERARY CITY』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い