ニュース

森美術館による3年に1度の展覧会『六本木クロッシング2013展』に国内外29組出展

『六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために』が、9月21日から東京・六本木の森美術館で開催される。

『六本木クロッシング』は、日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、森美術館が2004年から3年に1度開催しているシリーズ展。4回目の開催となる同展では、初めての試みとして海外から2人のゲストキュレーター迎え、森美術館のチーフキュレーター・片岡真実との共同企画によって現在の日本の現代アートを国際的な視点から紹介する。同展のタイトル「アウト・オブ・ダウト」は、これまでの社会通念や既存の制度に向けられた疑念から、アートを通じてどのように生産的な議論を生み出せるのかという問題意識によって名付けられたという。

参加アーティストは赤瀬川原平、新井卓、遠藤一郎、泉太郎、岩田草平×プロマイノリティ、金氏徹平、中平卓馬、プロジェクトFUKUSHIMA!、サイモン・フジワラ、風間サチコ、千葉正也、小林史子、奥村雄樹、下道基行、菅木志雄、小泉明郎、高坂正人ら29組。日系アーティストや海外に在住する日本人アーティストを含めることで、日本文化の広がりについても考察していく。

また同展の会期中には、同展キュレーターやゲストを迎えたパネルディスカッションや、同展参加の在外アーティストによるリレートークも予定されている。予約方法などの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

森美術館10周年記念展
『六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために』

2013年9月21日(土)~2014年1月13日(月・祝)
会場:東京都 六本木 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
時間:10:00~22:00(入場は閉館30分前まで、火曜は17:00まで)
出展作家:
赤瀬川原平
アキラ・アキラ
新井卓
荒川医&南川史門
朝海陽子
千葉正也
遠藤一郎
サイモン・フジワラ
岩田草平×プロマイノリティ
泉太郎
金氏徹平
風間サチコ
小林史子
小泉明郎
満田晴穂
森千裕
中平卓馬
中村宏
中村裕太
丹羽良徳
奥村雄樹
プロジェクトFUKUSHIMA!
流井幸治
笹本晃
下道基行
菅木志雄
田島美加
高坂正人
柳幸典
料金:
前売 一般1,200円 学生(高校・大学生)900円 子供(4歳から中学生)500円
当日 一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子供(4歳から中学生)500円
※会期中無休

パネル・ディスカッション
『日本現代アートのいまを問う』

2013年9月22日(日)OPEN 18:30 / START 19:00 / CLOSE 21:00
会場:東京都 六本木 アカデミーヒルズ タワーホール(六本木ヒルズ森タワー49階)
出演:
蔵屋美香(東京国立近代美術館美術課長)
林道郎(上智大学国際教養学部教授)
ルーベン・キーハン(クイーンズランド・アートギャラリー|ブリスベン近代美術館アジア現代美術キュレーター、本展共同キュレーター)
ガブリエル・リッター(ダラス美術館アシスタント・キュレーター、本展共同キュレーター)
片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター、本展共同キュレーター)
定員:300名(要予約)
料金:一般1,000円
※MAMCメンバー無料

アーティスト・リレートーク
2013年9月21日(土)OPEN 16:30 / START17:00 / CLOSE 20:00
会場:東京都 六本木 東京都 六本木 森美術館展示室内
出演:
アキラ・アキラ
荒川医&南川史門
奥村雄樹
高坂正人
田島美加
流井幸治
定員:80名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)

(画像上から:高坂正人『Return to Forever (Productopia)』2009年ダンボール、木、プラスチック、MDF、アクリル、塗料、紙、ジュースの缶、テープ、不要になった製品包装サイズ可変展示風景:「キュビスムとオーストラリア美術」ハイド近代美術館、メルボルン Photo: John Brash、柳 幸典『ユーラシア』2001年インスタレーション蟻、着色された砂、プラスティック製の箱、プラスティック・チューブ、プラスティック・パイプ235.0×594.5cm (各25.0×36.5cm、全91個)、田島美加『エキストラ』2009年木、カンバス、アクリル絵具、シルクスクリーン、鏡面アルミ、紙、アクリル板、MDF、エナメルスプレー、ビデオモニター、フォルミカ、ガラス、ライト152.4×243.8×213.4 cm Photo: Jason Mandella Courtesy: Sculpture Center, New York、岩田草平×プロマイノリティ『アディバシの家 原型』 2010年土、竹、藁、ストローベイル、葦、牛糞、微生物ろ過による水の浄化装置、炭 800×900×580cm、金氏徹平『Ghost in the Liquid Room (lenticular) #1』2012年 レンチキュラー、反射シート、木 180×180cm Courtesy: ShugoArts, Tokyo)

高坂正人『Return to Forever (Productopia)』2009年ダンボール、木、プラスチック、MDF、アクリル、塗料、紙、ジュースの缶、テープ、不要になった製品包装サイズ可変展示風景:「キュビスムとオーストラリア美術」ハイド近代美術館、メルボルン Photo: John Brash
高坂正人『Return to Forever (Productopia)』2009年ダンボール、木、プラスチック、MDF、アクリル、塗料、紙、ジュースの缶、テープ、不要になった製品包装サイズ可変展示風景:「キュビスムとオーストラリア美術」ハイド近代美術館、メルボルン Photo: John Brash
柳 幸典『ユーラシア』2001年インスタレーション蟻、着色された砂、プラスティック製の箱、プラスティック・チューブ、プラスティック・パイプ235.0×594.5cm (各25.0×36.5cm、全91個)
柳 幸典『ユーラシア』2001年インスタレーション蟻、着色された砂、プラスティック製の箱、プラスティック・チューブ、プラスティック・パイプ235.0×594.5cm (各25.0×36.5cm、全91個)
田島美加『エキストラ』2009年木、カンバス、アクリル絵具、シルクスクリーン、鏡面アルミ、紙、アクリル板、MDF、エナメルスプレー、ビデオモニター、フォルミカ、ガラス、ライト152.4×243.8×213.4 cm Photo: Jason Mandella Courtesy: Sculpture Center, New York
田島美加『エキストラ』2009年木、カンバス、アクリル絵具、シルクスクリーン、鏡面アルミ、紙、アクリル板、MDF、エナメルスプレー、ビデオモニター、フォルミカ、ガラス、ライト152.4×243.8×213.4 cm Photo: Jason Mandella Courtesy: Sculpture Center, New York
岩田草平×プロマイノリティ『アディバシの家 原型』 2010年土、竹、藁、ストローベイル、葦、牛糞、微生物ろ過による水の浄化装置、炭 800×900×580cm
岩田草平×プロマイノリティ『アディバシの家 原型』 2010年土、竹、藁、ストローベイル、葦、牛糞、微生物ろ過による水の浄化装置、炭 800×900×580cm
金氏徹平『Ghost in the Liquid Room (lenticular) #1』2012年 レンチキュラー、反射シート、木 180×180cm Courtesy: ShugoArts, Tokyo
金氏徹平『Ghost in the Liquid Room (lenticular) #1』2012年 レンチキュラー、反射シート、木 180×180cm Courtesy: ShugoArts, Tokyo
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年