ニュース

長谷川健一がアジカン、バンプ、ナンバガなど多彩カバー、録音&コーラスに後藤正文

長谷川健一のカバーアルバム『my favorite things』が、12月18日にリリースされる。

今年3月にジム・オルークがプロデュースを手掛けたアルバム『423』をリリースした長谷川健一。初のカバーアルバムとなる同作では、長谷川の歌声に惚れ込んだというASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がレコーディングディレクションを手掛け、一部の楽曲ではコーラスも担当している。

収録楽曲は、後藤がコーラスで参加したASIAN KUNG-FU GENERATION“君の街まで”、BUMP OF CHICKEN“Opening”、NUMBER GIRL“透明少女”の3曲のほか、People In The Box、岡村靖幸、石橋英子、山本精一、浅川マキ、小川美潮、セルフカバーやNabowaとの共演曲のカバーなど全11曲。レコーディングは後藤のプライベートスタジオで行われ、ミックスは岩谷啓士郎が担当している。

同作のリリースを記念するライブ『長谷川健一×波多野裕文』が、12月8日に京都・磔磔で開催。当日は同作の先行販売も実施される。チケット予約はbud musicのオフィシャルサイトで受付中だ。

リリース情報

長谷川健一
『my favorite things』(CD)

2013年12月18日発売
価格:2,500円(税込)
bud music / P-VINE / PCD-18761

1. Opening / BUMP OF CHICKEN
2. 君の街まで / ASIAN KUNG-FU GENERATION
3. 東京 / People In The Box
4. 友人のふり / 岡村靖幸
5. 海のうた(セルフカバー)
6. 夜鷹の星 / 石橋英子
7. めざめのバラッド / 山本精一
8. 少年 / 浅川マキ
9. 窓 / 小川美潮
10. 透明少女 / NUMBER GIRL
11. また明日 / Nabowa

イベント情報

『長谷川健一×波多野裕文』

2013年12月8日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:京都府 京都 磔磔
出演:
長谷川健一
波多野裕文(People In The Box)
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)
※長谷川健一『my favorite things』の先行販売実施

(画像:長谷川健一)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い