ニュース

野村萬斎監修の現代能楽集シリーズ新作はペンプル倉持が作・演出、出演に片桐はいりら

野村萬斎が企画と監修を務める「現代能楽集」シリーズの新作公演『花子について』が、2月5日から東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

世田谷パブリックシアターの芸術監督である野村が取り組んでいる「現代能楽集」は、能の要素を取り入れながら現代演劇を創出するシリーズ公演。第7弾となる今回は、劇団ペンギンプルペイルパイルズを主宰する劇作家・演出家の倉持裕を劇作と演出に迎え、能『葵上』、狂言『花子』、三島由紀夫による『近代能楽集「班女」』の3作品をモチーフに、それぞれを現代舞踊、コメディー、ストレートプレイと様々な要素を含んだ現代劇として上演する。

キャストは、舞踊と現代演劇のコラボレーション作品として現代に蘇る『葵上』にコンテンポラリーダンサーの黒田育世、倉持ならではのコメディー作品としてユーモアあふれる内容になるという『花子』に片桐はいり、近藤公園、小林高鹿。能楽作品『班女』と、同作をもとにした三島由紀夫の戯曲『近代能楽集「班女」』の2作品をモチーフに据え、倉持が現代の物語として書き下ろした『班女』には西田尚美、片桐はいり、近藤公園が名を連ねている。

イベント情報

現代能楽集VII『花子について』
能「葵上」・狂言「花子」・三島由紀夫作『近代能楽集「班女」』より

2014年2月5日(水)~2014年2月16日(日)全14公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
作・演出:倉持裕
出演:
片桐はいり
西田尚美
近藤公園
小林高鹿
黒田育世
料金:一般5,500円 高校生以下2,750円
※2月6日19:00公演終演後に倉持裕と野村萬斎によるポストトークを実施

(画像:現代能楽集VII『花子について』イメージビジュアル)

現代能楽集VII『花子について』イメージビジュアル
現代能楽集VII『花子について』イメージビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に