ニュース

演劇フェスティバル『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』、国内外11作品を紹介

演劇フェスティバル『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』が、4月26日から静岡・静岡芸術劇場、舞台芸術公園で開催される。

1999年に開催された舞台芸術の祭典『第2回シアター・オリンピックス』の成功を受けて、2000年から『Shizuoka春の芸術祭』を開催してきたSPAC。2011年からはフェスティバルの名称を『ふじのくに⇄せかい演劇祭』に改め、「劇場は世界を見る窓」を理念に掲げて国内外の優れた演劇・ダンス・人形劇・映像などの舞台芸術作品を紹介している。

今年は世界各地から集まった11作品が上演される。上映作品はSPACの芸術総監督を務める宮城聰が演出する『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』をはじめ、『ベルリン演劇祭』で「3sat賞」に輝いたニコラス・シュテーマン演出によるゲーテ原作の『ファウスト 第一部』、フランスの演出家・ジャン・ランベール=ヴィルドがSPACの肉体派俳優・三島景太の演技に一目惚れしたことがきっかけとなって制作された『ジャン×Keitaの隊長退屈男』、スペインの観客参加型演劇『よく生きる/死ぬためのちょっとしたレッスン』、天野天街がしりあがり寿の漫画を舞台化した『真夜中の弥次さん喜多さん』など、多彩なラインナップになっている。

また、ピーター・ブルックの創作現場に迫るドキュンタリー映画『ピーター・ブルックのザ・タイトロープ(原題)』、ブルックによる記念碑的な舞台作品を映像化した『ピーター・ブルックのマハーバーラタ』、フランス・パリの演劇祭『アヴィニョン演劇祭』の軌跡を描いたドキュンタリーも上映される。プログラムの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』

2014年4月26日(土)~5月6日(火・祝)
会場:静岡県 静岡芸術劇場、舞台芸術公園など
上演作品:
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』(演出:宮城聰)
『ファウスト 第一部』(演出:ニコラス・シュテーマン)
『ジャン×Keitaの隊長退屈男』(作・演出:ジャン・ランベール=ヴィルド)
『よく生きる/死ぬためのちょっとしたレッスン』(構成・演出:エンリケ・バルガス)
『真夜中の弥次さん喜多さん』(脚本・演出:天野天街)
『タカセの夢』(振付・演出:メルラン・ニヤカム)
『マネキンに恋して -ショールーム・ダミーズ-』(演出・振付・舞台美術:ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ)
『Jerk』(演出:ジゼル・ヴィエンヌ)
上映作品:
『ピーター・ブルックのザ・タイトロープ(原題)』(監督:サイモン・ブルック)
『ピーター・ブルックのマハーバーラタ』(監督:ピーター・ブルック)
『アヴィニョン演劇祭の60年~世界最大の演劇祭はこうして生まれた』(監督:ミシェル・ヴィオット)
ワークショップ:『ミリアム・ゴルトシュミットによる演劇ワークショップ』(講師:ミリアム・ゴルトシュミット)
※各プログラムの開催日時などはオフィシャルサイト参照

(画像上から:『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』メインビジュアル、『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』、『ピーター・ブルックのマハーバーラタ』、『ファウスト 第一部』 ©Krafft ANGERER、『真夜中の弥次さん喜多さん』 ©しりあがり寿)

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』メインビジュアル
『ふじのくに⇄せかい演劇祭2014』メインビジュアル
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』
『ピーター・ブルックのマハーバーラタ』
『ピーター・ブルックのマハーバーラタ』
『ファウスト 第一部』 ©Krafft ANGERER
『ファウスト 第一部』 ©Krafft ANGERER
『真夜中の弥次さん喜多さん』 ©しりあがり寿
『真夜中の弥次さん喜多さん』 ©しりあがり寿
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される