ニュース

舞台芸術×音楽・アートの実験的イベント『Dance Fanfare Kyoto』に40人が参加

ダンスと舞台芸術のイベント『Dance Fanfare Kyoto 02』が、6月3日から京都の元・立誠小学校とUrBANGUILDで開催される。

2012年に開催された『We dance 京都 2012』を足掛かりに、昨年初開催された同イベント。今回は昨年に引き続き、関西のダンスシーンの活性化と舞台芸術における身体の可能性を探求することを目指して、演劇や音楽、美術など他ジャンルとダンスのコラボレーションプログラムや、舞踏レクチャーなどが開催される。

参加アーティストは、あごうさとし、今貂子、今村達紀、岩渕貞太、植村純子(劇団衛星)、大谷悠、大原渉平(劇団しようよ)、岡崎大輔、勝野タカシ、菊池航(淡水)、京極朋彦、黒子沙菜恵、坂本公成(Monochrome Circus)、佐藤健大郎、Suwansilp Ratchata、高木貴久恵、高嶋慈、武田暁(魚灯)、多田淳之介(東京デスロック)、辻本佳、筒井潤(dracom)、中西ちさと(ウミ下着)、中間アヤカ、野村誠、花本有加(KIKIKIKIKIKI)、伴戸千雅子、福岡まな実、袋坂ヤスオ、松尾恵美、村田宗一郎、森山直人、やぶくみこ、山崎彬(悪い芝居)、山崎伸吾(GTSVL)、山田せつ子、山本和馬、由良部正美、妖己、米子匡司、渡邉尚(Monochrome Circus)ら40人となる。

なお、同イベントは4つの主催プログラムと提携プログラムで構成される。プログラムごとに料金や日程、会場が異なるので、詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『Dance Fanfare Kyoto 02』

2014年6月3日(火)~6月8日(日)
会場:京都府 元・立誠小学校、UrBANGUILD
出演:
あごうさとし
今貂子
今村達紀
岩渕貞太
植村純子(劇団衛星)
大谷悠
大原渉平(劇団しようよ)
岡崎大輔
勝野タカシ
菊池航(淡水)
京極朋彦
黒子沙菜恵
坂本公成(Monochrome Circus)
佐藤健大郎
Suwansilp Ratchata
高木貴久恵
高嶋慈
武田暁(魚灯)
多田淳之介(東京デスロック)
辻本佳
筒井潤(dracom)
中西ちさと(ウミ下着)
中間アヤカ
野村誠
花本有加(KIKIKIKIKIKI)
伴戸千雅子
福岡まな実
袋坂ヤスオ
松尾恵美
村田宗一郎
森山直人
やぶくみこ
山崎彬(悪い芝居)
山崎伸吾(GTSVL)
山田せつ子
山本和馬
由良部正美
妖己
米子匡司
渡邉尚(Monochrome Circus)
and more
料金:各プログラム単券 前売500円~2500円(当日は全て+300円)
※企画により枚数限定のセット券あり

(画像1枚目:『Dance Fanfare Kyoto 02』チラシ、画像2,3枚目:『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『5'00』撮影:相模友士郎、画像4,5枚目:『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『lonely woman』撮影:相模友士郎

『Dance Fanfare Kyoto 02』チラシ
『Dance Fanfare Kyoto 02』チラシ
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『5'00』 撮影:相模友士郎
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『5'00』 撮影:相模友士郎
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『5'00』 撮影:相模友士郎
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『5'00』 撮影:相模友士郎
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『lonely woman』 撮影:相模友士郎
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『lonely woman』 撮影:相模友士郎
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『lonely woman』 撮影:相模友士郎
『Dance Fanfare Kyoto vol.01』より『lonely woman』 撮影:相模友士郎
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年