岩井俊二も参加する3人組「ヘクとパスカル」配信シングル、岩井監督アニメ作品のED曲

ヘクとパスカルの配信シングル『ぼくら』が、本日9月24日にiTunes Store、Amazonほかでリリースされた。

2013年に結成されたヘクとパスカルは、俳優でありシンガーソングライターの椎名琴音、作編曲家でピアニストの桑原まこ、映画監督の岩井俊二による3人組。初音源“風が吹いてる”は岩井が脚本とプロデュースを手掛けた連続テレビドラマ『なぞの転校生』の挿入歌に起用された。

今回リリースされた楽曲“ぼくら”は、岩井が監督・脚本を務めた初の短編アニメーション作品となる『TOWN WORKERS』のエンディングテーマ曲となる。なお、ロトスコープの手法を用いて初めてのアルバイトにおける心の動きと成長を描いた『TOWN WORKERS』は、特設サイトで現在無料公開中だ。

作品情報

ヘクとパスカル
『ぼくら』

2014年9月24日(水)からiTunes Store、Amazonほかで配信リリース
SPACE SHOWER MUSIC

itunesで購入する

作品情報

『TOWN WORKERS』

2014年9月18日(木)から特設サイトで公開
監督・脚本:岩井俊二
エンディングテーマ:ヘクとパスカル“ぼくら”

  • HOME
  • Music
  • 岩井俊二も参加する3人組「ヘクとパスカル」配信シングル、岩井監督アニメ作品のED曲

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて