ニュース

「音」がテーマの『鉄道芸術祭』、走行する電車が舞台の公演『ノイズ・トレイン』も

『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』が、10月18日から大阪・なにわ橋のアートエリアB1で開催される。

『鉄道芸術祭』は、なにわ橋駅の地下1階コンコースに位置するアートエリアB1を舞台に、会場の独創性を活かした様々なプログラムを展開するアートイベント。美術、演劇、言葉に着目した過去3回に続く今回は、「音・技術・ネットワーク」をテーマに開催される。

展示プログラム『「音」の展覧会』では、相川勝、伊東篤宏、宇治野宗輝、江崎將史、鈴木昭男、藤本由紀夫、八木良太、和田晋侍が作品を展示。さらに三田村管打団?のパレードや、沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)、元NOON経営者・金光正年(Let's DANCE署名推進委員会)、弁護士・齋藤貴弘(Let's Dance署名推進委員会共同代表)が風営法におけるダンス規制などを語るトークプログラムなども行われる。

また、走行する京阪電車の車内を舞台にしたライブパフォーマンス『ノイズ・トレイン』に伊東篤宏、鈴木昭男、和田晋侍が出演するほか、京阪電車に乗ってクラブを訪れ、ATAK Dance Hallのライブに参加するツアー『電車に乗ってクラブへ行こう!「ATAK Dance Hall LIVE in KYOTO」』などのプログラムも開催される。各プログラムの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』

2014年10月18日(土)~12月23日(火・祝)
会場:大阪府 なにわ橋のアートエリアB1
時間:12:00~19:00(12月14日~12月23日は21:00まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日、12月23日は開館)
料金:無料(一部有料イベント有)

『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』イメージビジュアル
『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』イメージビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー