ニュース

「音」がテーマの『鉄道芸術祭』、走行する電車が舞台の公演『ノイズ・トレイン』も

『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』が、10月18日から大阪・なにわ橋のアートエリアB1で開催される。

『鉄道芸術祭』は、なにわ橋駅の地下1階コンコースに位置するアートエリアB1を舞台に、会場の独創性を活かした様々なプログラムを展開するアートイベント。美術、演劇、言葉に着目した過去3回に続く今回は、「音・技術・ネットワーク」をテーマに開催される。

展示プログラム『「音」の展覧会』では、相川勝、伊東篤宏、宇治野宗輝、江崎將史、鈴木昭男、藤本由紀夫、八木良太、和田晋侍が作品を展示。さらに三田村管打団?のパレードや、沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)、元NOON経営者・金光正年(Let's DANCE署名推進委員会)、弁護士・齋藤貴弘(Let's Dance署名推進委員会共同代表)が風営法におけるダンス規制などを語るトークプログラムなども行われる。

また、走行する京阪電車の車内を舞台にしたライブパフォーマンス『ノイズ・トレイン』に伊東篤宏、鈴木昭男、和田晋侍が出演するほか、京阪電車に乗ってクラブを訪れ、ATAK Dance Hallのライブに参加するツアー『電車に乗ってクラブへ行こう!「ATAK Dance Hall LIVE in KYOTO」』などのプログラムも開催される。各プログラムの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』

2014年10月18日(土)~12月23日(火・祝)
会場:大阪府 なにわ橋のアートエリアB1
時間:12:00~19:00(12月14日~12月23日は21:00まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日、12月23日は開館)
料金:無料(一部有料イベント有)

『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』イメージビジュアル
『鉄道芸術祭 vol.4「音のステーション」』イメージビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現