『IN/SECTS』最新号は日記特集、シャム、しまお、白波多カミンらの日記を掲載

「日記」を特集した大阪・谷町6丁目発のカルチャーマガジン『IN/SECTS vol.06』が、12月15日に刊行される。

様々な人々の暮らしを記録した日記を通して、同時代の共感を浮き彫りにすることを目的とした同特集。日記の書き手には、シャムキャッツ、しまおまほ、金氏徹平、トウヤマタケオ、桂二葉、塚原悠也(contact Gonzo)、futatsukukuri、白波多カミン、毛利悠子らが名を連ねている。また、60年間にわたって日記を書き続けているという榎忠のインタビューや、関西在住の80人による日記のリレー『関西一日記』なども掲載される。

さらに、安田謙一、水内義人、森野義貴(Handsomeboy Technique)、em recordsのオーナー・江村幸紀、姜尚美、吉本秀純らがコラムを執筆。表紙とカバーインタビューには蓮沼執太が登場している。なお、『IN/SECTS』が刊行されるのは、2012年以来、約2年3ヶ月ぶりとなる。

書籍情報

『IN/SECTS vol.06』

2014年12月15日(月)発売
価格:1,188円(税込)
発行:LLC インセクツ

関連リンク

  • HOME
  • Book
  • 『IN/SECTS』最新号は日記特集、シャム、しまお、白波多カミンらの日記を掲載

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて