マームとジプシー新作公演『ヒダリメノヒダ』、ホンマタカシ、山本達久らがゲスト出演

マームとジプシーの新作公演『ヒダリメノヒダ』が、4月3日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場大スタジオで上演される。

同作は、マームとジプシーにとって今年1月に上演された『カタチノチガウ』以来の新作公演。作・演出を手掛ける藤田貴大が持つ断片的な記憶を、新たな構造を用いてコラージュさせた作品になるという。藤田に影響を与える様々なジャンルのゲストも出演し、即興性が強いシーンにも挑戦するとのこと。

キャストは、石井亮介、尾野島慎太朗、川崎ゆり子、中島広隆、波佐谷聡、吉田聡子。さらにゲスト出演者として、同劇団の衣装を手掛けるファッションデザイナーのスズキタカユキ、野田秀樹の初期作品を藤田が演出した『小指の思い出』にも参加しているピアニストのKan Sano、ドラマーの山本達久、同劇団と初めてタッグを組む写真家のホンマタカシの4人が名を連ねている。ホンマは4月7日と4月12日、スズキは4月8日と4月10日、山本は4月9日、Kan Sanoは4月11日の公演にそれぞれ出演する。

神奈川芸術劇場のウェブ会員を対象にしたチケット先行販売は、2月25日から受付開始。一般発売は3月1日10:00からスタートする。

藤田貴大(マームとジプシー)のコメント

ぼく自身の幼少期。
左目の視力が極端に落ちていた時期がありました。
その左目から見つめていた、半透明な世界。
よく遊んでいた、空き地。
機関車が真ん中に置かれていた、空き地。
あそこにいた、おんなのこ。
濁っていたり、透きとおっていたりする歪な断片を、まったく新たな構造を用いて、重ね合わせながら描いていきます。
ぼくが日頃、とてもリスペクトしていて、影響を受けているみなさんも招いて、多角的に。視覚と記憶、そして浮かび上がる未来について。セッションしながら、かんがえています。
マームとジプシーとして、かなり挑戦的な作品になるでしょう。
それほどにこの作品にて、ぼくら自身の、いままでとこれから、ってことで見つめ直して。
そしてしっかりと繋げていきたいとおもっているのです。

イベント情報

マームとジプシー
『ヒダリメノヒダ』

2015年4月3日(金)~4月12日(日)全11公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
作・演出:藤田貴大
出演:
石井亮介
尾野島慎太朗
川崎ゆり子
中島広隆
波佐谷聡
吉田聡子
ゲスト:
Kan Sano
スズキタカユキ
ホンマタカシ
山本達久
料金:前売3,500円 当日4,000円

  • HOME
  • Stage
  • マームとジプシー新作公演『ヒダリメノヒダ』、ホンマタカシ、山本達久らがゲスト出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて