初心を問い直す『椿会展』に赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼ら6作家

第7次椿会のメンバーによるグループ展『椿会展 2015 - 初心 -』が、5月24日まで東京・銀座の資生堂ギャラリーで開催されている。

1947年から続く「椿会」は、資生堂ギャラリーを代表するグループ展で、メンバーを入れ替えながら約70年間にわたって行われている。赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子によって結成された第7次椿会は、「3.11」から復興していく過程において「初心」を問い直す時期にあるのではないかという思いを背景に、2013年から「初心」をテーマに年1回の展覧会を開催。3回目となる今回から、ドイツ・フランクフルトを拠点に、ウィリアム・フォーサイスが率いるザ・フォーサイス・カンパニーで活動するダンサーの島地保武を新メンバーに迎えている。

同展では、昨年10月に急逝した赤瀬川が1985年から1988年にかけて雑誌に発表した絵日記が展示されるほか、畠山がドイツ各地で氷河によって運ばれた巨大石を撮影したシリーズ、内藤が2013年から続けて出展している『color beginning』と『ひと』の新作、青木によるドローイングの小作品、伊藤による銀座周辺の調査をもとにした刺繍作品などが出展される。なお、会期中には島地によるダンスパフォーマンスや、伊藤によるギャラリートークも開催される。

イベント情報

『椿会展 2015 - 初心 -』

2015年4月4日(土)~5月24日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
参加作家:
赤瀬川原平
畠山直哉
内藤礼
伊藤存
青木陵子
島地保武
休廊日:月曜(祝日が月曜にあたる場合も休館)
料金:無料

島地保武 ダンスパフォーマンス
2015年4月25日(土)19:15~20:00
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
定員:30名(要事前予約、申込多数の場合は抽選)
料金:無料

伊藤存 ギャラリートーク
2015年5月17日(日)14:00~16:00
会場:東京都 銀座 ワードホール
定員:60名(要事前予約、申込多数の場合は抽選)
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 初心を問い直す『椿会展』に赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼ら6作家

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて