テクノロジーを駆使したアート作品55点の「現象」紹介、書籍『Beyond the Display』

書籍『Beyond the Display:21世紀における、現象のアートとデザイン』が、5月25日に刊行される。

同書では、インターネット普及後のテクノロジーを利用して制作されたインスタレーションやデザイン、アートプロジェクトなどを紹介。ディスプレイを越えた「現象」を生み出す作品群を「光」「風」「音」「空間」「スカルプチャー」「パフォーマンス」「その他」といったカテゴリーに分け、具体的な事例を通じて芸術とテクノロジーの関係を考察していく。

紹介する作品およびプロジェクトは、ART+COM Studios、池田亮司、オラファー・エリアソン、カールステン・ニコライ、Zimoun、スズキユウリ、スプツニ子!、高谷史郎、Troika、真鍋大度+石橋素、三上晴子、宮島達男、毛利悠子、ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司)、吉岡徳仁、Random International、WOWらが手掛けた55点となる。


書籍情報

『Beyond the Display:21世紀における、現象のアートとデザイン』

2015年5月25日(月)発売
編著:岩坂未佳
価格:4,104円(税込)
発行:ビー・エヌ・エヌ新社

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • テクノロジーを駆使したアート作品55点の「現象」紹介、書籍『Beyond the Display』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて