グラフィックと写真の公募『1_WALL』、審査員に飯沢耕太郎、菊地敦己、大原大次郎ら

グラフィックと写真のコンペティション『1_WALL』の作品募集概要が発表された。

1992年から開催されている『1_WALL』は、新しい表現を追求している若い才能を発掘することを目的としたコンペティション。ポートフォリオ審査、ポートフォリオレビュー審査、ファイナリスト6人によるグループ展および同展内で行われる公開プレゼンテーションという3回の審査で、グランプリが選出される。グランプリ受賞者は個展を開催する権利が得られるほか、作品パンフレットも制作される。

作品募集は、グラフィック部門が6月16日から23日まで、写真部門は7月7日から14日まで、東京・銀座のガーディアン・ガーデンで受け付ける。また、遠方などの理由により直接持参が不可能な場合は、宅配便や郵送などでも受け付けるとのこと。グラフィック部門の審査員は大原大次郎、佐藤晃一、白根ゆたんぽ、長崎訓子、室賀清徳、写真部門の審査員は飯沢耕太郎、菊地敦己、鷹野隆大、高橋朗、百々新が務める。応募要項の詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

  • HOME
  • Art,Design
  • グラフィックと写真の公募『1_WALL』、審査員に飯沢耕太郎、菊地敦己、大原大次郎ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて