ニュース

ピーター・ブルックが『マハーバーラタ』に再び挑む最新作、11月に来日公演

ピーター・ブルック演出の舞台『Battlefield 「マハーバーラタ」より』が、11月25日から東京・初台の新国立劇場中劇場で上演される。

イギリスのロイヤルシェイクスピアカンパニーで多くのシェイクスピア劇を数多く手掛け、最小限の舞台装置と、俳優の言葉と肉体を駆使した「魔術的」と呼ばれる舞台で知られる演出家ピーター・ブルック。日本でも1973年の『真夏の夜の夢』を皮切りに多くの作品が上演されており、昨年にはドキュメンタリー映画『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』が公開された。

『Battlefield 「マハーバーラタ」より』は、ブルックが1985年に創作した上演時間9時間におよぶ長編舞台『マハーバーラタ』をもとにした作品。『マハーバーラタ』は、世界3大叙事詩のひとつとされる同名の物語を脚色して「賭け」「追放」「戦争」の3部作で描いた作品で、日本では1988年に上演された。ブルックが30年ぶりに『マハーバーラタ』に挑む今回の公演は、9月にフランスで世界初演を迎えた後、来日公演が行われる。チケットの一般発売は9月26日10:00からスタート。

ピーター・ブルックのコメント

「マハーバーラタ」は戦争による皆殺しの物語です。それによってバラタ家は引き裂かれてしまいます。この一族にはパンダヴァ家という5人の兄弟がおり、もう一方にはカウラヴァ家という、ドリタラーシュトラ王の百人の王子たちがいます。どちらの側も、恐ろしい手段を使って戦いを繰り広げますが、最後にパンダヴァ側が勝ちます。そしてそこには何百万もの死体が大地に横たわり、パンダヴァの長兄であるユディシュティラが皇帝になります。勝利はしたものの、そこには敗北の苦い後味がありました。ユディシュティラも、前王であるドリタラーシュトラも深い苦悩と後悔を味わい、過去の行為に疑問を持ち、大きな不幸をもたらした自らの責任を解き明かそうとします。
恐ろしい虐殺、息子たちや家族、同胞を失うという人生を生きた新王と前王は、内なる安らぎを見出すことが出来るでしょうか。
時を超越した叙事詩の言葉の豊かさと、常に驚きに満ちた物語によって、われわれはこれを舞台に仕上げることが出来ました。
これは遥かな昔の物語でありながら、同時に現代の苛酷な争いを映し出すのです。

イベント情報

『Battlefield 「マハーバーラタ」より』

2015年11月25日(水)~11月29日(日)
会場:東京都 初台 新国立劇場 中劇場
脚本:ピーター・ブルック、ジャン・クロード・カリエール、マリ―=エレ―ヌ・エティエンヌ
演出:ピーター・ブルック、マリ―=エレ―ヌ・エティエンヌ
音楽:土取利行
出演:
キャロル・カルメラ
ジェア・マクニ―ル
エリ・ザラムンバ
ショーン・オカラン
料金:一般7,000円 U-25チケット3,500円

ピーター・ブルック ©Pascal Victor
ピーター・ブルック ©Pascal Victor
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優