藤森照信、名和晃平らにリノベ依頼も可、『BRUTUS』の「約束建築」特集

「リノベーション」に注目する特集記事が、8月17日発売の『BRUTUS No.807』に掲載されている。

「特集 約束建築。 10組の建築家があなたの家をリノベーションしてくれます。」と題された同特集では、10組の建築家によるリノベーション事例、新築事例などの代表作を写真と共に紹介。さらに、それぞれがリノベーションに対するこだわりや面白さ、リノベーションしてみたい建築などについて語っている。参加建築家として名を連ねているのは、増田信吾+大坪克亘、403architecture [dajiba]、藤田雄介、島田陽、miCo.、名和晃平、長坂常、田根剛、藤森照信、アトリエ・ワン。

なお、同誌には10組の建築家の中から1組に、自己所有の物件のリノベーションを依頼することが出来る専用の応募ハガキが付属。予算やイメージなどを記入して応募ハガキを送付する。エントリーに必要な費用は、切手代の120円のみ。応募要項、締切などは同誌の誌面で確認しよう。


書籍情報

『BRUTUS No.807』

2015年8月17日(月)発売
価格:650円(税込)
発行:マガジンハウス

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 藤森照信、名和晃平らにリノベ依頼も可、『BRUTUS』の「約束建築」特集

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて