森山未來の企画舞台が横浜で再演、蓮沼執太が音楽演奏

森山未來の企画によるダンス公演『「Judas, Christ with Soy」~太宰治「駈込み訴え」より~』が10月10日から神奈川・横浜のHONMOKU AREA-2で上演。同公演の音楽を蓮沼執太が手掛けていることがわかった。

同作は、森山が文化庁の文化交流使としてイスラエルに滞在していた際に、現地のアーティストであるエラ・ホチルドと共同制作したパフォーマンス公演。太宰治の短編小説『駈込み訴え』をもとにした作品で、昨年9月にテルアビブでプレミア上演され、今年7月には愛媛・内子座でも上演された。

10月4日まで横浜市内全域で行われているダンスフェスティバル『Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2015』の一環となる横浜公演では、音楽に蓮沼を迎えたリクリエーション版が上演される。蓮沼は公演で演奏も行う。チケットは現在販売中だ。


イベント情報

『「Judas, Christ with Soy」~太宰治「駈込み訴え」より~』

2015年10月10日(土)~10月12日(月・祝)全4公演
会場:神奈川県 横浜 HONMOKU AREA-2
企画:森山未來
演出・美術・振付:エラ・ホチルド
音楽・演奏:蓮沼執太
出演:
森山未來
エラ・ホチルド
料金:前売4,000円 当日4,500円 学生2,500円

  • HOME
  • Stage
  • 森山未來の企画舞台が横浜で再演、蓮沼執太が音楽演奏

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて