ニュース

忽那汐里が1人2役、1890年&1985年の危機を描く映画から場面写真

12月5日から全国公開される映画『海難1890』の場面写真が公開された。

田中光敏が監督を務める同作は、今年で友好125周年を迎えた日本とトルコの合作映画。1890年に和歌山で起こった、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」の海難事故と、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに取り残された日本人をトルコ政府が救出した1985年の事件をもとに、日本とトルコの人々の勇気や誠意を描いた作品だ。

本編は1890年が舞台の「エルトゥールル号編」と、1985年が舞台の「テヘラン救出編」から構成。出演者には内野聖陽、忽那汐里、夏川結衣、小澤征悦、笹野高史、竹中直人らが名を連ねている。

場面写真では、和歌山の紀伊大島に住む医師・田村元貞役の内野聖陽が怪我人の手術をしている様子や、「エルトゥールル号編」で許婚を海難事故で亡くし、ショックで言葉を話すことができなくなった女性・ハルを演じ、「テヘラン救出編」ではテヘランにある日本人学校の教師・春海役を演じる忽那汐里の姿などが確認できる。

作品情報

『海難1890』

2015年12月5日(土)から全国公開
監督:田中光敏
脚本:小松江里子
音楽:大島ミチル
出演:
内野聖陽
ケナン・エジェ
忽那汐里
アリジャン・ユジェソイ
小澤征悦
宅間孝行
大東駿介
渡部豪太
徳井優
小林綾子
螢雪次朗
かたせ梨乃
夏川結衣
永島敏行
竹中直人
笹野高史
配給:東映

『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
『海難1890』 ©2015 Ertugrul Film Partners
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像