忽那汐里が1人2役、1890年&1985年の危機を描く映画から場面写真

12月5日から全国公開される映画『海難1890』の場面写真が公開された。

田中光敏が監督を務める同作は、今年で友好125周年を迎えた日本とトルコの合作映画。1890年に和歌山で起こった、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」の海難事故と、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに取り残された日本人をトルコ政府が救出した1985年の事件をもとに、日本とトルコの人々の勇気や誠意を描いた作品だ。

本編は1890年が舞台の「エルトゥールル号編」と、1985年が舞台の「テヘラン救出編」から構成。出演者には内野聖陽、忽那汐里、夏川結衣、小澤征悦、笹野高史、竹中直人らが名を連ねている。

場面写真では、和歌山の紀伊大島に住む医師・田村元貞役の内野聖陽が怪我人の手術をしている様子や、「エルトゥールル号編」で許婚を海難事故で亡くし、ショックで言葉を話すことができなくなった女性・ハルを演じ、「テヘラン救出編」ではテヘランにある日本人学校の教師・春海役を演じる忽那汐里の姿などが確認できる。

作品情報

『海難1890』

2015年12月5日(土)から全国公開
監督:田中光敏
脚本:小松江里子
音楽:大島ミチル
出演:
内野聖陽
ケナン・エジェ
忽那汐里
アリジャン・ユジェソイ
小澤征悦
宅間孝行
大東駿介
渡部豪太
徳井優
小林綾子
螢雪次朗
かたせ梨乃
夏川結衣
永島敏行
竹中直人
笹野高史
配給:東映

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 忽那汐里が1人2役、1890年&1985年の危機を描く映画から場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて