ニュース

石炭の「レコード盤」を踏んで音を聴く、藤本由紀夫の個展

藤本由紀夫展『Broom(Coal)/ Tokyo』イメージビジュアル copyright the artist, courtesy to ShugoArts
藤本由紀夫展『Broom(Coal)/ Tokyo』イメージビジュアル copyright the artist, courtesy to ShugoArts

藤本由紀夫の個展『Broom(Coal)/ Tokyo』が2月6日から東京・三軒茶屋のシュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリーで開催される。

1970年代に電子音楽を学び、1980年代半ばから日常の中の「音」に着目したサウンドオブジェやインスタレーション、パフォーマンスなどを発表している藤本由紀夫。

同展では、ギャラリーの床に敷き詰めた石炭で「レコード盤」をかたどり、来場者がその上を歩いて生じる音を聴くというインスタレーション『Broom』を展示。『Broom』はこれまでにオーストラリア・パース、ドイツ・ドルトムントでも発表されているが、今回が日本初展示となる。

会期初日には藤本によるトークショーを開催。具体美術協会に所属した作家・村上三郎による「紙破り」のパフォーマンスについて「音」の見地から考察し、藤本が自ら制作に関わった映像を上映する。

イベント情報

藤本由紀夫展
『Broom(Coal)/ Tokyo』

2016年2月6日(土)~3月6日(日)
会場:東京都 三軒茶屋 シュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリー

時間:12:00~18:00
休廊日:月曜~金曜
料金:無料

オープニングパーティー
2016年2月6日(土)16:00~18:00
会場:東京都 三軒茶屋 シュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリー

トーク
『入り口・通過・出口ー村上三郎紙破りの話』

2016年2月6日(土)15:00~
会場:東京都 三軒茶屋 SUNDAY奥イベント会場

藤本由紀夫展『Broom(Coal)/ Tokyo』イメージビジュアル copyright the artist, courtesy to ShugoArts
藤本由紀夫展『Broom(Coal)/ Tokyo』イメージビジュアル copyright the artist, courtesy to ShugoArts
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと