新装刊『QJ』はSEALDs奥田愛基が表紙、コムアイや古市憲寿と対談も

カルチャー誌『Quick Japan』が2月23日に新装刊される。

1994年に創刊された『Quick Japan』。今回のリニューアルは6代目編集長・続木順平の就任に伴って行なわれるもので、「A VOICE OF NEW GENERATION」を新たなキャッチフレーズに掲げる。あわせてアートディレクターに佐藤亜沙美(サトウサンカイ)を起用し、ロゴも刷新された。

新装刊号となる今号の特集は「ニュージェネレーション2016」。奥田愛基(SEALDs)にフォーカスし、磯部涼による奥田への1万字インタビューや同い年のコムアイ(水曜日のカンパネラ)との対談、古市憲寿との対談、密着ドキュメントなどが掲載される。荒木経惟が撮影した奥田の写真も収められる。また同特集にはシャムキャッツ、安部勇磨(never young beach)、YONCE(Suchmos)、SANABAGUN.、王舟、D.A.N.、『MAGADIPITA』編集部、T-nsSOWLも登場する。

第2特集ではテレビアニメ『おそ松さん』に光を当て、プロデューサーの富永禎彦、キャラクターデザインを担当する浅野直之へのインタビューなどを掲載。さらにうえむらの読み切り漫画が収録されるほか、武田砂鉄、いがらしみきお、最果タヒ×小浪次郎、こだま、森栄喜の新連載がスタートする。

書籍情報

『Quick Japan vol.124』

2016年2月23日(火)発売
価格:1,058円(税込)
発行:太田出版

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 新装刊『QJ』はSEALDs奥田愛基が表紙、コムアイや古市憲寿と対談も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて