全国の書店員が選ぶ『本屋大賞』に宮下奈都『羊と鋼の森』

書店員の投票で選出される文学賞『全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2016年本屋大賞』の受賞作品が発表された。

大賞に輝いたのは、宮下奈都の『羊と鋼の森』。『第154回直木三十五賞』候補にも選出された同作は、ピアノの調律に魅せられた青年が成長する姿を描いた長編小説だ。また、翻訳小説部門の大賞にはガブリエル・ゼヴィン著、小尾芙佐訳の『書店主フィクリーのものがたり』が選出されている。

今年で13回目を迎えた本屋大賞では、1次投票に全国435書店から552人の投票があり、2次投票では276書店から331人の投票があったとのこと。2次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上で、ベスト3を推薦理由と共に投票する方式がとられた。今後は全国の各書店で同賞のフェアが実施される予定だ。

宮下奈都のコメント

2016年の本屋大賞に選んでいただきまして、どうもありがとうございました。
この作品は、私にとっても大切な、大好きな物語です。
たくさんの方に読んでいただけたら幸せです。これからも、好きな物語を書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

詳細情報

『全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2016年本屋大賞』選考結果

大賞 宮下奈都『羊と鋼の森』(文藝春秋)
2位 住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社)
3位 中脇初枝『世界の果てのこどもたち』(講談社)
4位 西川美和『永い言い訳』(文藝春秋)
5位 辻村深月『朝が来る』(文藝春秋)
6位 米澤穂信『王とサーカス』(東京創元社)
7位 深緑野分『戦場のコックたち』(東京創元社)
8位 東山彰良『流』(講談社)
9位 中村文則『教団X』(集英社)
10位 又吉直樹『火花』(文藝春秋)

  • HOME
  • Book
  • 全国の書店員が選ぶ『本屋大賞』に宮下奈都『羊と鋼の森』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて