『第3回全感覚派美術展』に死霊のすがわら、二艘木洋行ら8作家

『第3回全感覚派美術展 -ともだち感覚-』が、10月14日から東京・三ノ輪のspace dikeで開催される。

美術作家のTaxxakaが主催する『全感覚派美術展』。第3回目の開催となる今回は「ともだち感覚」をテーマに据え、現在の平面表現や展覧会のあり方を問う内容になるという。参加作家はTaxxakaに加えて、あんまり、ク渦群、クマリネ、死霊のすがわら、すずま、二艘木洋行、平間貴大の8人。

会期中には出展作家による『お絵描き・ライブ・トーク』を開催する。詳細は『第3回全感覚派美術展 -ともだち感覚-』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『第3回全感覚派美術展 -ともだち感覚-』

2016年10月14日(金)~10月16日(日)、10月21日(金)~10月23日(日)
会場:東京都 三ノ輪 space dike

時間:金曜18:00~20:00、土、日曜13:00~19:00
参加作家:
あんまり
ク渦群
クマリネ
死霊のすがわら
すずま
Taxxaka
二艘木洋行
平間貴大
休廊日:月~木曜
料金:300円

  • HOME
  • Art,Design
  • 『第3回全感覚派美術展』に死霊のすがわら、二艘木洋行ら8作家

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて