ニュース

延期の『阿蘇ロックフェス』来年5月開催決定、電気、スチャ、レキシら8組

『阿蘇ロックフェスティバル2017』ロゴ
『阿蘇ロックフェスティバル2017』ロゴ

野外音楽イベント『阿蘇ロックフェスティバル2017』の開催が発表された。

今年5月に開催予定だったが、4月に発生した熊本地震の影響により延期を発表していた『阿蘇ロックフェスティバル』。新たに開催が決まった『阿蘇ロックフェスティバル2017』は、2017年5月27日に熊本・熊本県野外劇場アスペクタで行なわれる。

あわせて明らかになった出演アーティストは、同イベントの発起人である泉谷しげるをはじめ、ウルフルズ、サンボマスター、スチャダラパー、電気グルーヴ、WANIMA、レキシ、オープニングDJを務めるLEGEND オブ伝説 a.k.a サイプレス上野の8組。いずれも『阿蘇ロックフェスティバル2016』に出演予定だったアーティストとなる。

グッズ付チケットの先着先行予約は12月10日12:00から受付開始。なお『阿蘇ロックフェスティバル2016』のチケット保持者は、そのまま使用することができる。

泉谷しげるのコメント

熊本大地震以降、くまもとは更なる災難が降りかかり県民は苦労強いられる日々が続いてるとは思うが、県外からの風評もまた災難のひとつだろう。
くまもとは広いし全部がやられることはありえないのにあちこち相当のダメージを受けてると思いこむのは外もんの悪いクセ!
阿蘇ロックフェスの会場であるアスペクタはびくともしなかったのだ。
大地震があったから、今度のフェスは復興の旗をかかげての開催となるが、本来のかたちもまためざしつづけなければならない!
本来とは、くまもと女史による「おんなたちがつくった阿蘇ロックフェスティバルフェス!」であって復興・救済の為だけのフェスではないのだ!
くまもとの芯の強さを表現する唯一無二のロックフェスにしたいもんだ!
天空のロックフェスティバルにようこそ!!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会