橋本愛がギター&染谷将太がマイクを手に、映画『PARKS』新ビジュアル

瀬田なつき監督の映画『PARKS パークス』のメインビジュアルが公開された。

東京・吉祥寺の井の頭恩賜公園の開園100周年を祝う公式事業として制作された同作。吉祥寺に住む大学生・純と、亡くなった父の昔の恋人・佐知子を探す高校生・ハル、佐知子の孫・トキオの3人が、すでに亡くなっていた佐知子の遺品からハルの父・晋平と佐知子の歌声が録音されたオープンリールテープを見つけたことをきっかけに、途中で切れているその曲を完成させようと試みる、というあらすじだ。

公開されたビジュアルでは、純役を演じる橋本愛がギターを弾きながら歌っている姿が写し出されているほか、トキオ役の染谷将太がマイクを手にしている様子や、ハル役の永野芽郁の姿が確認できる。同作は4月22日から東京・テアトル新宿で公開。音楽監修をトクマルシューゴが務めている。

作品情報

『PARKS パークス』

2017年4月22日(土)からテアトル新宿で公開
監督・脚本:瀬田なつき 音楽監修:トクマルシューゴ エンディングテーマ:相対性理論“弁天様はスピリチュア” 出演: 橋本愛 永野芽郁 染谷将太 石橋静河 森岡龍 佐野史郎 柾木玲弥 長尾寧音 岡部尚 米本来輝 黒田大輔 嶺豪一 原扶貴子 斉藤陽一郎 麻田浩 谷口雄(1983) 池上加奈恵 吉木諒祐(THE NOVEMBERS) 井手健介 澤部渡(スカート) 北里彰久(Alfred Beach Sandal) シャムキャッツ 高田漣 上映時間:118分 配給:boid
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 橋本愛がギター&染谷将太がマイクを手に、映画『PARKS』新ビジュアル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて