マームとジプシー10周年記念の公演ツアー 過去作をテーマごとに再構成

マームとジプシーの公演ツアー『MUM&GYPSY 10th Anniversary Tour vol.1』が、7月7日から埼玉・彩の国さいたま芸術劇場ほか全国で順次開催される。

2007年に旗揚げされたマームとジプシーは、藤田貴大が全作品の演出・脚本を手掛ける劇団。これまでに大谷能生、飴屋法水、今日マチ子、穂村弘、名久井直子、石橋英子、山本達久、ホンマタカシ、青葉市子らとコラボレーションしているほか、藤田は『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞している。

旗揚げ10週年を記念する『MUM&GYPSY 10th Anniversary Tour vol.1』では、これまでに上演されてきた複数の作品を同一テーマごとに再構成。「動物・人体」をテーマにする『クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ』、「家族・家」をテーマにする『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、 そこ、きっと──────』、「夜・不在」をモチーフにする『夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで』の3作品に編集する。衣装はsuzuki takayukiが手掛けている。また昨年発表の作品『あっこのはなし』もあわせて上演される。

前売限定の4作品セット券も用意。スケジュールの詳細はマームとジプシーのオフィシャルサイトをチェックしよう。なお埼玉公演の終了後は、長野・上田、北海道・札幌、福岡・北九州、愛知・豊橋、兵庫・伊丹を巡演予定となる。上演作品は会場によって一部異なる。

イベント情報

マームとジプシー
『MUM&GYPSY 10th Anniversary Tour vol.1』

2017年7月7日(金)~7月30日(日) 会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
『クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ』 作・演出:藤田貴大 音楽:山本達久 出演: 石井亮介 尾野島慎太朗 川崎ゆり子 中島広隆 成田亜佑美 波佐谷聡 吉田聡子 山本達久 『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、 そこ、きっと──────』 作・演出:藤田貴大 音楽:石橋英子 出演: 石井亮介 荻原綾 尾野島慎太朗 川崎ゆり子 斎藤章子 中島広隆 成田亜佑美 波佐谷聡 谷川洋子 船津健太 召田実子 吉田聡子 『夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで』 作・演出:藤田貴大 出演: 石井亮介 伊野香織 尾野島慎太朗 川崎ゆり子 中島広隆 成田亜佑美 波佐谷聡 長谷川洋子 船津健太 吉田聡子 『あっこのはなし』 作・演出:藤田貴大 音楽:UNAGICICA 出演: 石井亮介 伊野香織 小椋史子 斎藤章子 中島広隆 船津健太 料金: 前売 1作品券4,000円 4作品セット券13,500円 当日 1作品券4,500円 ※『あっこのはなし』は前売3,000円、当日3,500円
  • HOME
  • Stage
  • マームとジプシー10周年記念の公演ツアー 過去作をテーマごとに再構成

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて