ニュース

戦後日本の住宅建築に光当てる『日本の家』展に隈研吾、妹島和世ら56組

『日本の家 1945年以降の建築と暮らし』展が、本日7月19日から東京・竹橋の東京国立近代美術館で開催されている。

2016年秋からイタリア・ローマ、イギリス・ロンドンを巡回していた同展。日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、手書きの図面、写真、映像などを通じて紹介する。13のテーマに分類して構成される会場には、実際に中に入って体感することができる清家清の『斎藤助教授の家』実物大模型も展示。会場デザインは、アトリエ・ワンが手掛ける。

取り上げられる主な建築家は、青木淳、アトリエ・ワン、安藤忠雄、石山修武、伊東豊雄、乾久美子、菊竹清訓、隈研吾、坂本一成、篠原一男、白井晟一、清家清、妹島和世、丹下健三、西沢立衛、長谷川逸子、長谷川豪、藤井博巳、藤本壮介、藤森照信、山本理顕、吉阪隆正、吉村順三、アントニン・レーモンドら。

会期中には、dot architectsと吉行良平による『夏の小屋をつくろう』、津村耕佑による『プチプチ・ガーデン』といったワークショップや、美術館の敷地にテントを張って一晩を過ごす『アーバンキャンプ』、塚本由晴(アトリエ・ワン)、アートディレクターの菊地敦己、同館主任研究員で同展企画者の保坂健二朗によるシンポジウム『「建築展」について語るシンポジウム』などを開催。詳細は東京国立近代美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

藤本壮介『House NA』(2011) ©Iwan Baan
藤本壮介『House NA』(2011) ©Iwan Baan
西沢立衛『森山邸』(2005) ©ホンマタカシ
西沢立衛『森山邸』(2005) ©ホンマタカシ
伊東豊雄『中野本町の家 / White U』(1976) 写真:多木浩二
伊東豊雄『中野本町の家 / White U』(1976) 写真:多木浩二
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら